ガールズ&パンツァー(その4):激闘の準決勝戦、そして死闘の決勝戦へ

逃げ回る八九式
 
 ……今日はとってもあぢかったですね。でもちょっと大きな仕事が一段落ついたので気分がいいです。働いている限り次々と仕事は押し寄せてくるわけですが、時々「イェイ!」みたいな時(どういう時だ)が必要ですよね。

 さて昨日は遅くなってできなかったので、代わりに本日傑作アニメ「ガールズ&パンツァー」を紹介していきましょう。

第9話

 まずは第9話。

 接敵するや後退するT-34。勢いに乗って追撃する大洗女子。しかしそれはプラウダ高校の巧妙な罠だった……というクリムゾンコミックス的展開で教会に雪隠詰めになってしまったみほ達。プラウダの隊長カチューシャは降伏に3時間の猶予を与えます。

ご飯食べて寝るカチューシャ。ノンナの子守歌付き

 それだけあれば損傷した戦車の応急処置も可能ですが、どうやらカチューシャは食べて寝たかったみたいです。暖かいボルシチ食べてノンナの子守歌で寝てしまいました。

偵察隊の帰還

 修理の傍らで偵察を出す大洗。視力の良いそど子&麻子、エルヴィン&グデーリアン(優花里)が出撃します。「雪の進軍」を歌っちゃったりして。偵察は合法ですが、敵に捕まるとそのまま拘束されちゃうらしいです。

楽しそうなプラウダの生徒達

 ボルシチも焚き火もたっぷりのプラウダのJK達は楽しそうに踊ってます。コサックダンスは非常に体力を使う気がしますが、通常のトレーニングに入っているのかも知れませんね。

テンション下がりまくりの大洗女子の面々

 一方食料も暖も欠乏した大洗のJK達。修理が終わってもまだ1時間残ってます。寒さと疲労が志気を奪ってテンションだだ下がりです。

みほのソロでのアンコウ踊り

 何とかしろと河嶋桃にけしかけられるみほ。あんたが何とかしろと言いたくなりますが、言われないと動かない隊長だから仕方がないかも。思いあまったみほ、一人であんこう踊りを始めます。

全員でアンコウ踊り

 しかし、何しろ負けたら廃校。存亡のかかった戦いを前に、「耐えなきゃ…今は耐えるしかない!」と羞恥に震えながらも踊り続けるみほ(またクリムゾン入っていますな)、その奮闘振りに仲間達も立ち上がります。何と全員であんこう踊り。なんかこっちも楽しそうです。

偵察で明らかになったプラウダの布陣

 そうこうしている間に3時間が経過。プラウダの使者に徹底抗戦を告げて戦争再開です。偵察によりプラウダの配置ははっきり判明。右側ががら空きの様子ですが、しつこくクリムゾン風にいうなら「それは巧妙な罠だった…」的な雰囲気がぷんぷんします。

パンツァーフォー!

 パンツァー・フォー!全車一斉に全速前進。大洗女子の選択はなんと正面突破。T-34/85がずらりと揃っているなかに突撃していきます。

軽戦車の38(t)がT34を屠る!

 そしてここで生徒会長・角谷杏が覚醒します。今まで干芋食べてばかりでしたが、砲手を買って出ます。大洗唯一の軽戦車である38(t)(最弱は八九式ですが、信じられないでしょうがこいつは中戦車なんです)が、高機動でプラウダの戦車を攪乱します。撃破は難しくてもキャタピラを破壊すれば一時的に戦列から脱落させることが可能です。

善戦むなしくノンナに一撃で仕留められる

 しかし会長無双状態は長くはありませんでした。プラウダの副隊長、ブリザードのノンナが冷静に狙撃し、あっさり撃破します。そしてプラウダの最強戦車IS2の砲手に変わります。ノンナとサンダース大付属のナオミが今大会のベスト砲手候補でしょうか。カメさんチーム(生徒会)の奮戦もあって何とか包囲を突破した大洗女子、地形に隠れてあんこうチームのⅣ号とカバさんチーム(歴女)のⅢ突が車列から離れ、プラウダのフラッグ車を探知にかかります。大洗女子のフラッグ車はアヒルさんチーム(バレー部)の八九式。カモさんチーム(風紀委員)のルノーB1bisとウサギさんチーム(一年生)のM3で守り切れるか。

偵察に出る優花里

 プラウダのフラッグ車を発見できないみほは、優花里を斥候に出します。優花里は装填手にとどまらず、非常に有能ですね。流石戦車マニア。そして建物の上からフラッグ車を発見します。

フラッグ車の八九式の盾となって沈むM3

 一方、冷静に大洗女子を追い詰めていくノンナのIS2。八九式の盾となっていたM3を撃破します。なおルノーB1bisがエスコートしますが、重戦車とはいえIS2の122ミリ砲が直撃すればひとたまりもありません。

KV2を撃破してフラッグ車を追う

 プラウダのフラッグ車を追撃するⅣ号とⅢ突。しかし正面に立ちふさがるのはKV2。こいつの主砲は何と152ミリ。対戦車用ではなく榴弾砲ですが、現用戦車の主砲より大口径です。徹甲弾ではありませんが、命中すれば戦車の装甲を叩き割るという凶悪な破壊力です。しかも重装甲。しかし、主砲が大口径ということは砲弾も超重量級。まして中にいるのは女の子ばかりなのでさぞや装填は大変なことでしょう。そこを衝かれ、一発撃った後のタイムラグに華さんが冷静に砲塔の付け根を狙撃して一撃で仕留めます。華さん、ノンナやナオミに迫る成長を見せてますね。流石(この作品での)私の嫁。

カモさんチームもやられた

 しかしそうこうしている間にカモさんチームのルノーB1bisもノンナに仕留められてしまいました。♪氷原のその彼方 獲物を屠るノーンナー♪後はどちらが先にフラッグ車を仕留めるかの勝負です。八九式、「逆リベロ」とか訳のわからないことを言って回避島倉千代子です。どんな球でも拾うのがリベロなので、要するにすべて避けるということなのでしょう。

ノンナの射撃で爆煙に包まれる八九式

 しかし、ノンナの射撃で爆煙に包まれてしまう八九式。

Ⅲ突の待ち伏せ攻撃

 直後に雪の中に潜んだⅢ突がプラウダのフラッグ車を仕留めます。しかし八九式がアウトなら時間差でプラウダの勝ちのはず。勝者はどちらだ?

第10話

 そして第10話。

大洗の勝利

 へろへろになりながらも直撃だけはかろうじて避けた八九式。ここに勝者は大洗女子に決定!手を取り合って喜びを分かち合う大洗女子の選手達。カチューシャは涙をこらえきれません。

カチューシャと握手

 しかし最後は正々堂々と勝者を称えて握手します。この辺りが戦争ではなく競技という雰囲気でいいですね。

ポルシェティーガーはエンジンに問題が

 さあいよいよ最強の敵である黒森峰との決勝戦です。決勝戦は20両まで参加可能ということでさらに戦力差が広がってしまいます。少しでも戦力アップが必要ですが、漸く整備が終わった頼みの綱のポルシェティーガーはエンジンに不安が。せめて普通のティーガーだった良かったんですが。ちなみにポルシェティーガーはサスペンション、エンジンの過熱などの欠点が取り除かれずに試験に不合格となりましたが、生産されてしまった車体が相当数あったので、エレファント重駆逐戦車に生まれ変わりました。虎が変じて象となる(笑)。

38(t)は軽駆逐戦車ヘッツァーに改装

 そして軽戦車38(t)は軽駆逐戦車ヘッツァーに改造されます。このあたりかなり無茶ですが、そこはアニメなので。ヘッツァーは評価の高い駆逐戦車なので活躍に期待です。

思わぬ所に三式中戦車が

 加えて第三次戦車捜索が行われます。何と駐車場に普通に停車していた三式中戦車を発見。あまりにも堂々と置いてあったので気付かなかったようです。この戦車は第二次世界大戦後期に登場し、攻撃力はM4と互角に戦えると評されていましたが、防御力は下回ったようです。作家の司馬遼太郎が乗ることになっていたそうですが、本土決戦に備えて温存されたため、米軍と砲火を交えることはありませんでした。

ポルシェティーガーは自動車部が使います

 ポルシェティーガーはこれまでの縁の下の力持ちである自動車部が使用することになりました。エンジントラブルもこれで安心でしょうか。レオポンさんチーム誕生。

三式中戦車はゲーマートリオが

 そして新発見の三式中戦車は志願してきたネット戦車ゲーマートリオが使用することに。ネットと実車は大分違うと思うのですが…アリクイさんチームが誕生です。これで計8台になりました。

Ⅳ号戦車もH型風に改装

 そしてあんこうチームのⅣ号もさらなる改装を。シュルツェン(ドイツ語で「エプロン」の意で、砲塔や側面に追加された増加装甲)を付けて色も塗り替えてH型仕様となりました。優花里が「マークⅣスペシャル!」と言っていますが、プラウダ戦で仕様した長砲身のF2型もマークⅣスペシャルと呼ばれたらしいですよ。それはともかく見かけはまるでティーガーのそっくりさんになりました。実際、西部戦線で連合国が「ティーガー撃破!」と狂喜したのは多くの場合このマークⅣスペシャルだったらしいです。本物の虎はそう簡単には仕留められないということですね。

華さんの生け花。花瓶が戦車

 さて改造も一段落ついて、私の嫁・華さんは華道の会場に向かいます。戦車道を続けることで家元であるママンと諍いになってに勘当されていましたが…

和解した母娘

 一皮むけた新境地の生け花を見せた華さんに、ママンも勘当を解いたのでした。めでたしめでたし。花器が戦車型なんですが、いいんでしょうか。「いいーんです」(川平慈英風)。それにしても華さん、和服もお似合いですね。

ご飯会

 さて明日は決勝という夜。各チームそれぞれにカツを食べて験を担いでいます。みほたちもご飯会。4人しかいない…麻子はハブられたのかと心配したくなる場面ですが、大丈夫。みほの机で食べています。

ドイツの精鋭戦車で固めた黒森峰

 一方その頃黒森峰高校では、格納庫にみほの姉のまほの姿が。ずらりと並んだドイツ軍の精鋭戦車達。

決勝は富士山麓

 さて決勝は戦車道の聖地・富士山の裾野です。陸上自衛隊が富士総合火力演習を行う静岡県御殿場市の東富士演習場畑岡地区なのでしょう。私もずいぶん昔に一度見に行ったことがあります。

8台まで増えた大洗女子の戦車隊

 そして遂に決勝戦開始。8両に増えた大洗女子の車列。なかなか壮観ではありませんか。しかしいきなり森の中から黒森峰の砲撃が。さすがの電撃戦というところです。今回の大洗女子のフラッグ車はみほのⅣ号。一方黒森峰はまほのティーガーということで姉妹対決は必至ですね。

フラッグ車を狙った砲弾が三式中戦車に命中

 しかし意地の悪い黒森峰の副隊長逸見エリカが後方からⅣ号を狙います。この人はティーガーⅡ、いわゆるケーニッヒス・ティーガーに乗っています。英語ではキングタイガーですね。照準ばっちり、撃て!しかしその時、操縦が上手くいかずにいきなり後進した三式中戦車が射線に入ってきます。まさに怪我の功名。三式はいきなり脱落ですが、Ⅳ号が撃たれていたら試合が終わっていました。やはり常勝軍団黒森峰、苦戦必至ですね。

黒森峰戦車ガイド(10話登場分)

 最後に黒森峰戦車ガイド。超強力な重戦車や駆逐戦車がずらりと揃っていますね。中戦車のパンターだって強力です。これに加えて次回、とんでもない隠し球が登場したりして。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ