ガールズ&パンツァー(その1):もっと評価されるべき熱血スポコン萌えアニメ

ガールズ&パンツァー
 
 ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。さあ新入生・新入社員の皆さんは、明日から毎日SAN値チェックで、SAN値がゼロになったら五月病発症というクトゥルーのテーブルトークRPGのような状況に突入ですよ(なんか嬉しそうですね)。

勝利するAチーム

 さて、このGWも無為に過ごしてきたわけですが、収穫はガールズ&パンツァーを一気見できたことでしょうか。昨年の秋季アニメだったのですが、不覚にも存在自体を知らずにおりました。こんなに面白かったなんて。連休最終日ということもあり、当ブログも今回はちょっと大作ですよ。

生徒会のプロパガンダ

 世にはアニメオタクは数多おりますが、それと比較すると極少数ながら、戦車オタクという人々も存在しているようです。軍事オタクの一種なのですが、戦車に寄せる想いとというか愛がハンパない人達です。戦車というと野郎共の汗と戦車の鋼鉄と油の匂いに充ち満ちた世界という感じで、非常に間口が狭いようでもありますが、隠れ戦車ファンというのは結構いるらしく、かの「ファイブスター物語」(ええい、13巻をさっさと出せい!)でも7~8巻に戦車が登場し、マニアックな戦車戦を展開していました。当時、モーターヘッドの戦いが見たかった大方のファン、戦車戦とか砲戦といった通常の戦争に近い描写を嫌っていたらしいですが、永野センセはかなりの軍事オタクであり、戦車オタクでなのであろうことが判明しました。そういえば戦車自体は2巻から登場していましたっけ。

戦車道を選択した面々(初期メンバー)

 同じ軍事関係でも、戦闘機なんかは結構ゲームも出ているし、好きな人も多いのですが、戦車は地面を這い回るので地味だし、本来4~5人で行う作業を一人でやらなくちゃならないしで、あんまりゲームの数も多くないようです。この狭くて深い戦車マニアの道をなんとかしなければならないと考えたものか、萌え要素として女の子を乗せたらどうかという驚愕の発想から作られたであろうアニメが「ガールズ&パンツァー」です。

練習試合をする聖グロリアーナ女学院のアッサム(左)とオレンジペコ

 「ガールズ&パンツァー」(以下、「ガルパン」と呼びます)の世界では、戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされています。のみならず、この世界では戦車道は伝統的な文化であり、世界中で女子の嗜みとして受け継がれており、礼節のある、淑やかで慎ましく、凛々しい婦女子を育成することを目指した武芸とされています。じゃあ華道や茶道よりよっぽどポピュラーじゃないですか(笑)。

ガルパン1話

 まずは第1話。

主人公の西住みほ

 主人公の西住みほは実家が高名な西住流戦車道の家元で、彼女自身も戦車道の名門黒森峰女学園に通学して戦車隊の副隊長を務めていましたが、前年の十連覇がかかった公式戦で僚車が攻撃を受けて川へ落下した際、救出するため降車した間に自身が搭乗するフラッグ車を撃破されて敗北したことを、母から叱責されたことがトラウマとなり、戦車道が無い大洗女子学園に転校してきました。

転校後初めてのお友達 武部沙織(右)と五十鈴華(左)

 ドジッ娘であわあわしているみほは転校直後で独りぼっちでしたが、声をかけてきた武部沙織と五十鈴華と友達になり、これから戦車道とは無縁な平凡かつ明るく楽しい高校生活を送れるものと思っていたのですが…

戦車道を取れと強要する生徒会

 突如生徒会が登場、戦車道を選択しろと強要してきます。おそらく彼女が西住流家元の娘であることが把握済みなのでしょう。しかしトラウマから抜け出せないみほはいきなりレイプ目に。その後生徒会が戦車道を強く推奨するプロパガンダの集会が開催されます。なぜ生徒会が戦車道にこだわるのかは終盤明らかになるのですが、ここではまだ謎です。

戦車道を取ることを決意するみほ

 沙織と華は戦車道に興味津々ですが、みほはやっぱり選択する気になれません。香道を選んだみほに、さっそく生徒会から呼び出しが来ます。沙織と華も付いてきてくれて、横暴に抗議しますが、学校にいられなくなるぞと脅かされ、友達を巻き込むことを恐れたみほはついに戦車道を選択することにします。

一台だけあったⅣ号D型戦車

 戦車道を選択したのは18名。生徒会の3人を入れてもたったの21名でした。しかも大洗女子では20年位戦車道がなかったので経験者も皆無。倉庫には錆び付いたⅣ号戦車が一台あるばかりでした。何と乗るべき戦車を学園内で見つけ出すのが最初のミッションです。

大洗女子学園の正体

 そして大洗女子、何と「学園艦」と呼ばれる空母状の巨大な船の甲板に立てられているのでした。周囲の街も全部甲板上です。マクロスもびっくりの大きさです。

あんこうチームの5人

 ガルパンは登場人物(大半が女の子)が非常に多いのですが、まずは主人公とその親友から紹介しときましょう。戦車道のメンバーくらいは全員紹介したいところですが…。

 まずは主人公西住みほ(CV渕上舞)

西住みほ

 気が弱くてドジっ娘な気配がありますが、「咲saki-」の主人公宮永咲に似ているところがあるような。性格だけでなく、同じ道に極めて強力な姉がいるところとかもそっくりです。ではきっと今後「大洗の白い魔王」と呼ばれる強さを発揮していくのでしょうか。身長158センチは当ブログで主張しているところのヒロインの黄金身長です。スリーサイズは上から82/56/84とやや控えめです。

 次に武部沙織(CV茅野愛衣)

武部沙織

 昨日茅野愛衣を紹介する際に登場しましたので詳細は略。「恋に恋する女の子」ですが、試合中にキューポラから身を乗り出しているみほを本気に案じたり、友達想いです。身長157センチ。スリーサイズは不明ですが、画面上では明らかにみほよりグラマーです。

 最後に五十鈴華(CV尾崎真美)

五十鈴華

 華道の家元の娘で、長いストレートの黒髪を持つ清楚な大和撫子です。アクティブなことがやりたいという理由で戦車道を選択しました。温和で優しい性格ですが、芯は強くていざとなれば肝も据わっています。惜しいことに料理は全然ダメなようです。身長は163センチでⅣ号戦車のメンバーでは一番の長身です。発育もかなり良さそうです。

 その他、とりあえずざっとですが他のチームも。

カメさんチーム(生徒会)

 まずは生徒会チーム。会長、副会長、広報の3人です。普通は3役というと書記じゃないかと思うのですが、なぜか広報。

アヒルさんチーム(元バレー部)

 次にバレー部チーム。廃部になってしまったそうで、復活を目指しています。4人しかいなけりゃそりゃ廃部になっちゃいますね。

カバさんチーム(歴女)

 続いて歴女チーム。歴女4人組は皆中二病的です。古代ローマ史や戦国時代、幕末、欧州戦史とそれぞれ得意分野が異なっており、常にコスプレをしています。

ウサギさんチーム(一年生)

 最後に一年生チーム。6人と最多ですが、全員一年生です。最後までキャラを認識できない予感が…。

ガルパン2話

 続いて第2話。

戦車を探す3人の後ろに忍び寄る影

 戦車道最初のミッションは学園艦の中にあるはずの戦車探しです。各チーム一斉に散って戦車を探します。その時、みほ達に忍び寄る怪しい影が。

戦車オタク秋山優花里梨登場

 彼女は戦車オタクの秋山優花里です。戦車オタクだけに当然西住流もみほのことのよく知っていました。仲間に誘うと喜んで加わってきました。戦車の知識はありそうなので、今後は色々と助かるかも知れません。

38(t)を発見!

 みほ達は森の中で一見残骸のような38(t)戦車を発見。これはチェコ製の軽戦車で、ドイツがチェコを併合したことでドイツ戦車として大戦初期に活躍した戦車です。

バレー部は八九式中戦車を発見
 
 バレー部チームも崖下で戦車を発見。何と日本製の八九式中戦車。よくネタで九七式中戦車が“可愛いけど弱い”といじられますが、それより古い(当然それより弱い)戦車です。使い物になるのか…

歴女は水没したⅢ号突撃砲を発見

 そして歴女チームは水中で戦車を発見。水蜘蛛使ったり竹筒で呼吸したり忍者か君らは。しかし発見したのはⅢ号突撃砲。突撃砲というのは、歩兵に随伴して進撃し、敵の防御拠点を直接照準射撃で撃破することを目的とする兵器です。ドイツでは戦車は機甲師団としてまとめて運用していたので、歩兵を支援する戦闘車両が別途必要になったのです。そのため所属は戦車部隊ではなく砲兵科に属しており、砲塔がないので戦車のような機動戦闘には不向きでしたが、対戦車戦闘では歩兵を守る頼れる盾となりました。

一年生はM3リー中戦車を発見

 一年生チームはなんとウサギ小屋でアメリカのM3中戦車を発見。何でこんな所にあったんでしょうか。

5台発見して5チームを編成

 こうして5台の戦車(Ⅲ号突撃砲は正確には戦車ではないのですが、史実でも戦車同様の運用もされたのでいいでしょう)が揃い、各チームに振り分けられます。それぞれが発見した戦車に乗ることになりましたが、みほ達は発見した38(t)を生徒会チームに取られ、最初からあったⅣ号戦車を当てがわれまた。みほがエース格になるのは確実なので、軽戦車よりは汎用性のあるⅣ号戦車の方がよかろうということなのでしょう。

インタビューを受けるみほの姉まほ

 さっそく全員で錆びを落として戦車を清掃します。エンジンなどは自動車部が面倒見てくれるそうなので、掃除だけで帰ります。優花里が誘うので戦車くらぶに寄った一行。みほはテレビに映る姉・まほを見ます。まほは名門黒森峰の戦車隊長です。声がドスが効いています。CVは田中理恵ですが、なんか最近はドスの効いた声のキャラばかりやっている気が。可愛いキンギョのランはどこに行ってしまったのか。

登校途中に行き倒れている女の子と遭遇

 親睦を深めるためにみほの家で開催した「ごはん会」で沙織の意外な料理の腕に驚いたりしながら翌日になりました。みほは登校中に挙動不審な女の子を発見。助けて学校に向かったら一緒に遅刻してしまいました。「この借りは返す…」という言葉は当然伏線。

教官蝶野亜美着任

 さて、教官として陸上自衛隊の蝶野亜美一尉が着任してきました。では早速一から戦車道を教えてくれるのかと思いきや、いきなり実戦訓練とのこと。あれですね、ガンダムやエヴァンゲリオン方式というやつですね。

秋山優花里

 最後に秋山優花里(CV中上育美)のプロフィールを。学園艦生まれで実家は理髪店です。筋金入りの戦車マニアで、自室には戦車関連の品々が飾られています。1年前の全国高校生大会の決勝戦で黒森峰の副隊長だったみほを見て以来、彼女に対して憧れていました。みほ同様に引っ込み思案な面があり、孤立気味で両親から心配されていましたが、今後追々判明しますが、こと戦車に関してはかなり大胆な行動も取ります。身長は157センチ。

ガルパン3話
 
 そして第3話。

失神した華。可哀想…

 いきなりの実戦。他の全てのチームから狙われたみほ達のⅣ号戦車は吊り橋の上で立ち往生。至近弾で操縦手の華が失神してしまう大ピンチです。そこへ颯爽と現れたのが遅刻少女・冷泉麻子でした。彼女は沙織の幼馴染みでもあるようです。

操縦を代わる麻子

 腕に覚えがあるのかと思いきや、その場でマニュアルを読んでます。それで操縦できればアムロ・レイ並ですが、麻子の意外な操縦の腕とみほの指揮で他戦車は全て行動不能になり、勝利します。まあ全員素人だからあんまり浮かれてもいられない、というかそんな素人をまとめて戦力化しなくてはならないのですが。

雑貨屋で買い物

 練習後、沙織が一行を雑貨屋に向かわせます。乗り心地が悪いのでクッションを置きたいと。女子の嗜みとはいえ、そういう発想は玄人にはなかったようなのですが、素人の寄せ集めだから仕方ないでしょうか。

女の子らしくなった砲塔内

 砲塔はこんなになりました。ハートのクッションは華の砲手席席。みほの車長席にも何気にクッションが。装填手の優花里は戦車オタクだけにクッションは拒否したみたいですね。左右が大分違う印象に。

操縦手席(右)と通信手席

 こちらは車体部分。右の操縦席には円座クッション。いかにもドライバーみたいですね。右の通信手席は沙織席だけに凄いことになっています。ちなみにⅣ号戦車の乗員は5人で、他の国の戦車の定員がおおむね4人であることを考えると大所帯なのですが、車長に他の仕事を兼務させずに指揮に専念させたことがドイツ戦車の強さにつながったという指摘もあります。Ⅲ号戦車以降のドイツ戦車はだいたい5人乗りとなっています(一部の突撃砲や駆逐戦車は除く)。

他の戦車は無茶苦茶

 しかし、みほ達の戦車は外装はいじっていないので良い方です。他の戦車は無茶苦茶なカラーリングに。赤やピンクや金色って…シャアかお前らは。バレー部もスローガンを書き殴っていてロシア風。

隊長のダージリン

 さていきなり実戦という蝶野教官に触発されたのか、生徒会長は他の学校と連取試合を計画します。相手は戦車道の名門・聖グロリアーナ女学院です。

巨大なグロリアーナの学園艦(左)

 聖グロリアーナ女学院の学園艦が到着しました。大洗女子の学園艦も巨大ですが、倍以上の偉容です。一体何十万トンあるんでしょうか。

英国戦車で固めたグロリアーナとどう見てもイロモノの大洗女子
 
 英国戦車でまとめたグロリアーナと文字通り色物戦車そのものの大洗女子。最初から勝負が見えるようですが、さて?ちなみに戦車道の試合は殲滅戦とフラッグ戦があり、殲滅戦は文字通り敵を殲滅した方が勝ちで、フラッグ戦はあらかじめ決められたフラッグ車が撃破したら勝ちとなります。この試合は殲滅戦ですが、公式戦はフラッグ戦になります。

冷泉麻子

 最後に冷泉麻子(CV井口裕香)のプロフィールを。身長145センチとⅣ号戦車メンバーでは一番小柄です。いつも無表情で抑揚の無い口調で話しています。極度の低血圧で朝が極端に弱く、いつも眠そうにしています。他に高所恐怖症で、お化けも大嫌いと苦手ばかりですが、こう見えて成績は学年首席で、戦車マニュアルに目を通しただけで瞬く間に操縦を覚えたりと頭脳明晰です。小学生の時に両親を事故で亡くしており、唯一の肉親でもある祖母を特に大切に思っていますが、いつも小言を言われてばかりです。

ガルパン4話

 今回最後の第4話。

美しい車列を組むグロリアーナ
車内で紅茶を飲んでいます

 練習試合が開始されました。訓練の行き届いた車列のグロリアーナ。隊長のダージリンは車内で優雅に紅茶を飲んでいます。

敵前逃亡する一年生チーム

 そして戦闘に入りますが、みほ達のⅣ号戦車がおとりとなって敵を引きつける作戦でしたが、経験不足が仇となり、なんと一年生チーム(ウサギさんチーム)はまさかの敵前逃亡。戦争なら死刑ものですね。

待ち伏せ攻撃する歴女チーム

 生徒会チーム(カメさんチーム)もテンパってしまって脱輪。三台だけになった大洗女子ですが、勝手知ったる大洗の市街に入って攪乱戦術を試みます。幟にまぎれた歴女チーム(カバさんチーム)のⅢ号突撃砲。待ち伏せ攻撃でマチルダ歩兵戦車を一台撃破します。

頭脳戦で後方を取るバレー部チーム

 一方バレー部(アヒルさんチーム)は立体駐車場で罠を張り、マチルダの後ろを取って一撃。しかし悲しいのは八九式の貧弱な火力。相手のマチルダが重装甲だということもありますが、後ろから撃っても撃破できず、反撃されて撃破されてしまいます。また歴女も車体に立てた幟が仇となって発見され、撃破されてしまいます。残るはⅣ号のみ。1-4と圧倒的不利になります。

零距離射撃に持ち込むⅣ号戦車

 しかし、脱輪を直した生徒会チームが乱入したことで窮地を脱したⅣ号戦車、みほの戦術で一台ずつマチルダを葬り、残るはダージリンのチャーチル歩兵戦車のみ。これがまた機動性は最悪ながら防御力は極めて高いのです。低速重装甲は英国戦車の伝統でしょうか。

重装甲を抜けずに敗れる
健闘を称えるグロリアーナ

 零距離射撃に持ち込んだⅣ号でしたが、それでもチャーチルの装甲は抜けず、逆に撃破されてしまいます。しかし負けたとはいえ名門あいてに良く敢闘しました。ダージリンも認めてくれたようです。なお結果的に敗れはしましたが、この「旋回して敵戦車に肉薄して零距離射撃」は最終回の伏線となっていたりします。

あんこう踊りの面々

 ただし、負けは負けということで、試合前に生徒会が言っていた罰ゲーム「あんこう踊り」はやらされるみほ達。生徒会も連帯責任だと一緒にやったところはまあエライです。

敵前逃亡を謝罪する一年生

 敵前逃亡も一年生達も、みほ達の奮戦には感銘を受けたようです。反省して謝罪してきました。今後の伸びしろに期待です。 

全国高校生大会の抽選

 さて間も開かず、戦車道の全国高校生大会が開催されます。抽選でみほが引いた数字は8。対戦相手は…

相手はサンダース大付属

 サンダース大付属高校。

サンダースのM4軍団
 
 戦車の保有台数は40輌以上と全国1位を誇り、戦車道チームが1軍から3軍まである裕福な学校。アメリカのM4シャーマン中戦車系列に固めています。性能が近いので統一行動を取りやすそうですね。

 最後に生徒会メンバー紹介を。皆名前が果物ですね。

角谷杏

 角谷杏(CV福圓美里)。身長142センチと麻子を凌ぐ小柄な生徒会長。ツインテールが一層幼く見せます。干しいもを常に携帯して、どこでも食べています。生徒会の仕事や戦車の運用は他の2人に任せっきりで普段はほとんど仕事をしませんが、やるときはやるタイプ。どんな逆境や危機においても決して取り乱すことのない胆力の持ち主です。

小山柚子

 小山柚子(CV高橋美佳子)。名前は「ゆず」と読みます。身長157センチの副会長。明るく穏やかな性格で、生徒会では唯一まともな人ですが、おっとりとした性格なため杏と桃に振り回され気味で、雑用を任されてしまいがちです。皆が憧れる巨乳の持ち主です。

河嶋桃

 河嶋桃(CV植田佳奈)。演出ではなく実際に片目鏡の策士です。身長は164センチ。杏の豪腕を冷静に率先して支えていますが、意外とメンタル面は弱く、逆境になると泣きながら弱音を吐いたり取り乱したりする姿が見受けられます。砲手をやっていますが射撃は致命的に下手です。

生徒会チームも脱輪

 本来38(t)戦車は4人乗りなので、もう一人欲しいところですが、ずっと定員割れの3人で戦い続けます。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ