「秒速5センチメートル」考察(その5):「雪の一夜」

岩舟の夜明け
 
 はい、今夜も始まります。いよいよ佳境の「秒速5センチメートル」の考察その5です。

5.「雪の一夜」について

 それでは第一話「桜花抄」のクライマックスシーンである「雪の一夜」について考察してみましょう。もう逢えないから最後に逢いに行くという、本来それはさほど劇的なイベントにはなりえないものでした。もし貴樹君が予定通り7時に到着したとしましょう。たぶん貴樹君は9時か10時の電車で(大負けに負けても最終電車で)帰ったことでしょうから、「雪の一夜」は発生しません。また、明里さんは「渡さなかった手紙」を書いていません。あの手紙は貴樹君を待っている間に書いたものなのですから当然です。渡さない手紙なら別にどうでもいい?いやいやそんなことはありません。
動け両毛線!
 待っている間に、明里さんははっきり自覚したのですよ。貴樹君なしで生きていかなければならない時が来たということを。まさに「君はダンデライオン 本当の孤独を今まで知らないの とても幸せな寂しさを抱いて これから歩けない 私はもうあなたなしで」(松任谷由美「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」より)ということです。それは明里さんにとって痛みを伴う成長の瞬間だったのです。

 ということを踏まえて「電車が遅れなかった場合」をシミュレーションしてみましょう。明里さんと貴樹君はお弁当を食べながら語らいますが、お弁当もほうじ茶も、貴樹君にはさほどのものではありません(作ってきてくれた気持ちは嬉しいし、彼は優しいから「おいしい」と言うに決まってますが)。現在や今後の生活について語る貴樹君に対し、手紙を書いていないことから総括ができていない明里さんは過去の思い出ばかりを語ります。貴樹君抜きの明里さんの現在の生活なんて空虚なので語るべきことはないし、この先のことなんて思い浮かびもしません。
待合室の明里
 将来への不安ばかりを口にする明里さんに対し、「不安なのは僕だって同じなんだよ。」と思いながらも口には出さない心優しき貴樹君。もしかすると、やや辟易しているかも知れません。明里さんの不安は解消されることもなく、いよいよお別れの時がやってきます。電車のドアが閉まる寸前、貴樹君はそっと手紙を渡します。「明里。さようなら。」貴樹君が去ってしまったホームで手紙を読む明里さん。みるみる滲んでいく文字。ぽたぽたと手紙に落ちる涙。そう、明里さんは貴樹君の手紙で今回の再会が本当の別離であることを知ったのです。ひとしきり泣いた後、「私も強くならなきゃいけないんだわ。」誰もいないホームで呟く明里さん。少女が一歩大人の階段を昇った瞬間。

 ……とまあこんなところでしょうか。最終的には明里さんは「渡せなかった手紙」を書いた段階の精神にまで昇ることができました。二人ともに小学校時代の心温まる思い出を心に抱いて、明日からは未来志向で生きていくことでしょう。明里さんはほぼ本編のとおり生きていきます。一方貴樹君は種子島で花苗さんといい感じになっていきます。ちゃんと見ていれば素敵な女の子が自分を好いてくれていることなんてすぐ判りますよね。
お弁当を食べる二人
 貴樹君は大学に行くために島を離れますが、「迎えに行くよ」という約束の言葉を胸に花苗さんは元気に暮らしています(もちろん長期休暇ごとに貴樹君は帰ってきて、愛を育み続けるのです)。そして4年後の春、就職の決まった貴樹君のプロポーズを受け、二人は東京で新しい暮らしを送るために機上の人となったのでした。うわあ、みんなハッピーじゃないか。めでたし、めでたし。これぞ「秒速5センチメートル」トゥルーエンドだ!

 しかしながら実際には発生してしまった「ワルプルギスの夜」ならぬ「雪の一夜」。これは何を二人にもたらしたのでしょうか。まず貴樹君ですが、電車が大幅に遅れます。なんと4時間以上も。私も長距離通勤だから判るのですが、近郊電車はほんとにやばいときはやばいです。私の住んでいるところではあまり雪ということはないのですが、風とか雨でも平気で数時間送れます。初めて行く場所に、初めて乗った電車があれでは泣きたくなるのはもっともです。よく泣かなかったよ貴樹君。ドアの開閉ボタンに気づかなかったのは仕方がない。おじさんも怒ってないから気にするな。
貴樹を抱きしめる明里
 それはともあれ、この遅れに遅れた電車の中で貴樹君の明里さんへの想いは募りに募っていきます。彼の責任ではないのですが、約束の時間に遅れることは明里さんへの罪悪感に直結しますから。そう、携帯さえあれば…しかし時代が違います。当然二人とも持っていないので連絡すらできません。「明里…どうか…もう…家に…帰っていてくれればいいのに。」この祈りにもいた呟きは彼の真心そのものだったはずです。そして駅にたどり着いたときに明里さんが本当に帰っていたとしても、貴樹君は怒らなかったと思います。逢えないのは残念にしても、明里さんの身体が弱かったことはよく知っているので、無理して欲しくないと本気で思っていたはずなので、むしろほっとしたんじゃないでしょうか。それから駅を追い出されて、一人「八甲田山」(笑)。あ、翌朝電話したら逢えるかもね。

 なかば諦めつつ、他にどうしようもないからたどり着いた岩舟駅で、貴樹君は天使を見てしまうことになりました。私にも覚えがあるのですが、大幅に遅くなってもういる訳ないと諦めながらも行ってみたら待っていてくれた、というシチュエーションはたまりませんよね。大して好きでない相手だとしても一気に愛情が燃え上ってしまうような。私の場合はウィーンでね……いやいやそんなことはどうでもいい。そんなわけでお別れのためにやってきた貴樹君でしたが、状況に翻弄され、逆に恋慕の心に火がついて燃え上ってしまったのです。
別れの朝の明里
 一方明里さんですが、こちらは待ち時間に手紙を書いて、前述の心境にたどり着きました。2時間程度の遅れだったらまだ貴樹君は帰れるわけだし、手紙も渡したことでしょう。しかしなにしろ4時間以上です。もう逢えないかもしれないという不安を抱えながらじっと待つ明里さん。その不安はいかばかりだったことでしょう。駅員さんは親切そうだったから、「遅れるけど到着するよ」くらいのことは教えてくれたかも知れませんが。

 別れの場だということは自覚した明里さんでしたが、強い不安の下、焦らしに焦らした後にようやく現れた貴樹君(手練手管じゃないんですけどね)を見て、激情が溢れないわけがありません。二人はこれが別れの場だということをきちんと認識していたにも関わらず、運命のいたずらに翻弄された結果、再会の瞬間にこれまで感じたことのないような激しく強い「恋愛」をしてしまったのです。こんなにも明里が(貴樹君が)愛おしいなんて。まさに「瞬間、心重ねて」です。
貴樹を見送る明里
 そして初めての口づけ。手紙に書いた「好き」を遥かに上回った、まさに「愛してる」の瞬間でした。図らずも燃え上った二人の愛の炎は、ここに一瞬の「理想の恋」を現出してしまったのです。結婚した明里さんも、旦那さんとの恋愛の中でこれほど劇的な状況は発生しなかったのではないでしょうか。まあ、その代わりもっと穏やかで心の温まるような時間を持ったことでしょうけどね。けっ。

 そして納屋での一夜。あの二人に限って不埒なことはしていないとは思いますが(「やっちゃいました、てへっ」ていう話だったら、もう翆玉のリ・マージョン(注)やって異世界にでも飛んで行っちゃえって思うよ)、二人にとってそれは、大人の「一夜の契り」に限りなく近いものだったのではないかと思います。この上なく愛し人との二人だけのゼロ距離な時間。ここまでを「理想の恋」に含めていいでしょう。様々な偶然を積み重ねて「理想の恋」は生まれ、儚くも美しく輝き、そして朝二人が目覚めた時、完全に、そして永遠に去っていってしまったのです。
夜道の二人
(注)2006年のアニメ「シムーン」の用語。シムーンとは「神の乗機」と呼ばれる飛行艇で、遺跡から発掘したオーバーテクノロジーの産物です。リ・マージョンとはシムーンの放つ光の航跡によって空中に特定の図形(紋章)を描く行為及びそうして描かれた紋章のことを指します。

 描き出された紋章には攻撃・防御などの様々な効果がありますが、「翠玉のリ・マージョン」は 伝説のリ・マージョンとされ、「本当の効果」は充分に判っていませんでしたが、シムーンに時空を超えさせる効果があることが劇中で判明しました。
シムーン
↑右上の変なのが飛行艇シムーン

(コミック版を読んでの追記)
 「雪の一夜」については一巻でもう少し詳細に描かれています。泊った納屋内の様子とか、明里さんのコートの下はなんと制服でしたという事実とか。家に帰ってお弁当作ったんだから私服に着替えているほうが自然な気もしますが、もしかして制服姿を見せたかった?靴も靴下も濡れちゃったようです。当然ですが「やっちゃって」はいないようで一安心。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても分かりやすい解説ですね。
「雪の夜」さえ発生しなければ、と思うと、
タカキ君に同情できます。うん、これはかなり可哀想だ。。。

Re: No title

いらっしゃいませ。

> 「雪の夜」さえ発生しなければ、

まあ、3月の大雪なんて、めったに発生しない「事故」ですよね。実はワルプルギスの夜かも(笑)

ただ、呪縛が消えた後は、やはりいい思い出なんじゃないでしょうか。

この後、ふっきれた貴樹は後結婚したり子供ができたりするかも知れませんが、そうであっても「雪の一夜」は誰も踏み込むことのできない心の奥の宝物であり続けるのではないでしょうか。

ただ、これさえなければ種子島で花苗ともっと仲良くなって普通に付き合っていたかも知れないので、花苗にとってはまさに「痛恨の一撃」。

No title

管理人様はじめまして
つい先日うっかり秒速という作品に触れてしまい、思いっきり「秒速病」を発症してネット上をさまよい歩く者です。
視聴後のメンタル面への影響ははかりしれず、小説読みコミック読み、考察まで漁り回った末、こちらを訪問して考察の数々を拝見して少し救われた気がしました。随分昔の記事に勝手ながらコメントを残しておきたいと思います。

やはり印象的でダメージの大きいこの展開、この一夜さえなければ・・・と思ってしまいますね。
明里の成長という意味合いも大きいので起きなければベストエンドとは言えないのかもしれませんが、個人的には起きなかったほうがかえってその後に再会する可能性も残ったのではないかな?とも実体験や周囲の話を聞いていて思ってしまいます。
作中の手紙のやり取り頻度がどんどん少なくなっていく中で、あまりにも近づき過ぎた2人は罪悪感のようなものが大きくなっていったのかも、と想像しました。
中途半端な、そこそこの関係であれば意外と年賀状とか定期的なやり取りは切れない場合も多いと感じています。

近づき過ぎるとかえって手紙の内容も思いを込める、その思いが強ければ強いほど、途切れそうになった時に罪悪感というかプレッシャーみたいなものも感じたのではないかと。
あれほどの経験をし、呪縛にさえなってしまった貴樹にとってはなおさらなのかな・・・と。
まぁ小学校時代の関係だけでも十分に特別な関係だとも思います。

あの一夜がなく手紙のやり取りももっとゆるゆるか、続かなかったとしても、それくらいゆるゆるなら貴樹が大学進学した後にふと懐かしいな、久々に会ってみたいなと気軽に思えたりしたんじゃないかと思えてなりません。
恋愛に発展するとしたらゆるい関係からの再会ならありえるかな、と個人的に感じるところです。
近づきすぎたら普通の恋愛に発展しづらい、幼馴染のような関係の恋愛は上手くいかないことのほうが多いとよく言われますし・・・。

・・・申し訳ありません、勝手な妄想でした。
視聴してからの1週間は本当にメンタル面の活力を持ってかれていましたが、こちらの考察記事の数々で本当に救われました。
またちょくちょく記事を拝読しに参らせていただこうと思います。本当にありがとうございます。

Re: No title

 totoさん初めましてこんにちは。こんな僻地にようこそいらっしゃい。

> つい先日うっかり秒速という作品に触れてしまい、思いっきり「秒速病」を発症してネット上をさまよい歩く者です。

 そうですか。罹患してしまいましたか「秒速病」。特効薬はありません。ただ時間の経過だけが症状を軽減してくれるのですが、色々と妄想してみるのもいいかも知れません。私はずいぶんと妄想させていただきました。

 実は現在、非常に腹立たしいことながら、考察(その6)が閲覧出来なくなっています。もう面倒臭いので再録する気はないのですが、totoさんのためにここに文章だけですが掲載しておきます。読みにくいですが、よろしかったらご覧下さい。

6.「理想の恋」の呪縛

 さて駅での別れです。手紙は失ってしまった貴樹君ですが、もはや持っていても渡さなかったに違いありません。彼も無意識にわかってはいたはずです。あれは、あの「理想の恋」という現象は、そして「理想の恋」の相手であった「あの時の明里は、もう二度と逢うことのできる存在ではないということを。ほら、今向かい合っている彼女はもうあの時の明里じゃない。でも、「理想の恋」の呪縛は簡単には解けませんよ。解けませんともさ。貴樹君は探してしまうのです。「理想の恋」のかけらを。探さずにはいられないのです。そういう呪縛だから。「手紙書くよ!電話も!」という彼の叫びは、明里さんへの執着にも見えますが、「理想の恋」への執着に違いありません明里さんを通じてあの瞬間をもう一度見たいという貴樹君の「悪あがき」でもあるのです。

 一方、明里さんです。明里さんも「理想の恋」に魅了されたのでしょうか。二人にとってあれが「理想の恋」であることは間違いありません。しかしその与えた影響には差があったというべきでしょう。長い長い時間、貴樹君は想いをつのらせるばかりでしたが、明里さんは少し違います。駅で貴樹君宛ての手紙を書きつつ、大人への階段を一段上がるという成長をみせるなど、ある意味「有効活用」しています。もちろん待っている間に不安もあるし貴樹君への想いもつのったことは疑いの余地はありませが、たぶん早くたどり着きたい、でも動かない。動け動け動け!今動かなきゃ皆死んじゃうんだ!!(※死にません)両毛線、動け!両毛線、なぜ動かん!という貴樹君のもどかしさは、ただ待っている明里さんよりもはるかに強烈だったのではないかと思います。すなわち、「理想の恋」は二人に現出し、共に魅了されたのですが、その強度には差があって、貴樹君はより強く囚われてしまったのです。明里さんも、別れを示唆するあの手紙を渡せない程度には魅了されたと言うことはできます。しかし、「貴樹君は、きっとこの先は大丈夫だと思う!絶対!」という手紙にもあったフレーズは言葉にしてちゃんと伝えています。これって、本当は「私は貴樹君なしでもきっとこの先大丈夫だと思うから、もう私のことは気にしないで」って言いたかったのではないでしょうか。我々は知ってますよね、中一の貴樹君が「大丈夫」だったということを。しかし「理想の恋」に囚われた彼は全く「大丈夫」ではなくなってしまいました。それを感じた聡明な明里さんは、自身も「理想の恋」の呪縛の下にありながら、「大丈夫になって」と伝えたかったのではないでしょうか。

 「理想の恋」は貴樹君のみの現出し、明里さんには生じなかったという解釈も可能だと思います。しかし、それだと貴樹君の「独り相撲」があまりにも可哀相なのと、明里さんが手紙を渡せなかった理由が不明になるので、「強度」の差と解釈しました。それはあるいは性格の差なのかも知れませんが、「精神的にどこかよく似ていた」と貴樹君に言わしめた明里さんの成長の痕跡とも考えられます。

 また、「理想の恋」の呪縛は浅かったとはいえ、結構な時間明里さんをも捕らえていたと思われます。具体的には二人が文通を続けていた期間というのは弱まりつつも呪縛が有効だった時間ではないかと思うのです。この辺り、「男の恋は名前を付けて保存、女の恋は上書き保存」という男女差に起因するとの見解もネットにはあるようですが(つまりその頃明里さんは新しい恋に出会い、「元カレ」貴樹君を忘れたという)、私は性差を理由にするのはいささか安易じゃないかと思うので、それよりは個人差という解釈をしたく、その根拠として再会までの長い時間の過ごし方などを挙げてみました。羽川翼の「sugar sweet nightmare」なんか聞くと、女性だけがあっさりしている訳ではないというのは窺えますし。何しろ「恋しくて 愛しくて 止まらない せめてこの心は 君のもとへ…」で「あの日のままでずっと待ってる あきらめたまま 今も待ってるの」ですからね。また、振られた側と振った側では振られた側に未練(ないし恨み)が残るのは当然ですが、貴樹君と明里さんの場合は振った振られたという関係ではありません。「理想の恋」の呪縛が数年で解けた明里さんと、十数年に亘って囚われ続けた貴樹君。しかし、ラストシーンで、執拗だった呪縛もようやく貴樹君を解放したのではないかと思います。

 さて、呪縛を脱した貴樹君はこれからどうするでしょうか。新しい恋に出会うのでしょうか?水野地味子とよりを戻すのでしょうか?私は案外もう恋はしないかもしれないなんて思ったりもします。あの「雪の一夜」が一生分に足りる恋だと認識したのだとしたら……。

 「もう泣かぬ……もう恐れぬ。たとえ花壇に花は咲かずとも私はもう一生に足りる恋をした!これ以上何を望むか!生きる証はここにある!」(ファイブスター物語12巻P209のクリスティン・ビィのモノローグより抜粋)

以 上

> 視聴してからの1週間は本当にメンタル面の活力を持ってかれていましたが、こちらの考察記事の数々で本当に救われました。
> またちょくちょく記事を拝読しに参らせていただこうと思います。本当にありがとうございます。

 もちろんいつでもいらして下さい。「君の名は。」の大ヒットで「秒速」は“過去の遺物”になってしまったかと思っていましたが、なお同志がいらっしゃって嬉しいです。今後ともよしなにお願いします。

No title

久しぶりにコメントさせていただきます。
管理人様、考察(その6)をコメント欄に掲載していただいていたのですね。
前回コメントしてからネットサーフィン自体あまりできなくなっていたのですが、大変ありがたく読ませていただきました。

私の周囲を見ると女性は大多数が上書き保存の恋のようで、ネットにあるように女性のほうが切り替えが速いという考え方に一部賛同するところはあります。
しかし本当に少数ですがかなり恋を引きずっている方も見てきたのでこの辺はやっぱり個人差なのかな?と思っています。

私は当初は近づきすぎたゆえに2人は関係が保てなくなったと解釈していたのですが、今はあの雪の一夜があったからこそ2人はしばらくの間縛られるという形で繋がることができていたと感じるようになりました。
考察(その6)の”また、「理想の恋」の呪縛は浅かったとはいえ、結構な時間明里さんをも捕らえていたと思われます。具体的には二人が文通を続けていた期間というのは弱まりつつも呪縛が有効だった時間ではないかと思うのです。”の部分を読み、すごくしっくり来たというかぼんやり感じていたモノを言葉にしてもらったと思うところでした。

貴樹君にはやっぱり新しい恋にチャレンジして欲しいですね。たとえあの雪の一夜が一生分の恋だとしても、呪縛の解けた貴樹君は今度こそ相手をまっすぐ見ることができると信じたいです。


私個人は非常に情けないことに30歳を過ぎてもロクに恋愛経験もなく、恋愛の思い出と言えばほぼ失恋、ちゃんと相手を想って縛られるという経験がないです・・・。
貴樹君や明里さんが羨ましいとすら感じることがあります。最終的に2人はちゃんと乗り越えた、成長していったということが自分に何か突きつけてくるように思いました。
観ているうちにいい年して人を想う経験すらないことを改めて自覚してしまって正直シンドイ・・・でも結局この作品にすっかり惹かれてしまいました。

2人がそうだったように、登場人物たちがそうだったように、ちゃんと恋に縛られたり、傷ついたりできるだろうか・・・年甲斐もなくそんなことを考えるようになりました。
自分にとっては一番見たくない部分をえぐられたようでしたが、それがかえってもうちょっとだけ人生の中であがいてみよう、そんな気にさせてくれる作品であり、こちらの考察でした。

思いっきり秒速病を発症してからは影響はしばらく残りましたが、数ヶ月経った現在では時々思い出す程度に落ち着いてきました。
管理人様のおっしゃったとおり、軽減してくれたのは本当に時間の経過でした。
また訪問させていただこうと思います。大変情けないコメントですが本当にありがとうございます。

Re: No title

 totoさんこんにちは、いらっしゃい。お久しぶりです。

> 管理人様、考察(その6)をコメント欄に掲載していただいていたのですね。
> 前回コメントしてからネットサーフィン自体あまりできなくなっていたのですが、大変ありがたく読ませていただきました。

 あんなところに貼ったのでさぞや読みにくかったと思いますが、御目に留まって何よりです。改めて記事をアップした方がいいんでしょうけど、どういう訳かモチベーションが上がりませんので。

> 私は当初は近づきすぎたゆえに2人は関係が保てなくなったと解釈していたのですが、今はあの雪の一夜があったからこそ2人はしばらくの間縛られるという形で繋がることができていたと感じるようになりました。
> 考察(その6)の”また、「理想の恋」の呪縛は浅かったとはいえ、結構な時間明里さんをも捕らえていたと思われます。具体的には二人が文通を続けていた期間というのは弱まりつつも呪縛が有効だった時間ではないかと思うのです。”の部分を読み、すごくしっくり来たというかぼんやり感じていたモノを言葉にしてもらったと思うところでした。

 文通が自然消滅した段階で、二人の淡い恋は終焉を迎えたと考えていいのですが、なお引き摺った貴樹とそこから歩み出した明里というところで、小学生時代は良く似ていたいう二人も時を経て違いが明確になったとも言えるかもしれません。個人的には男女の差という風には解釈したくなくて、それぞれの個性の差だと思いたいです。

> 貴樹君にはやっぱり新しい恋にチャレンジして欲しいですね。たとえあの雪の一夜が一生分の恋だとしても、呪縛の解けた貴樹君は今度こそ相手をまっすぐ見ることができると信じたいです。

なるほど。問題は、あの時の明里に匹敵する女性に出逢えるかどうかですね。コミック版の水野さんならよりを戻しても…と思いますが、水野さんの意向もありでしょうし。コミック版では花苗とやり直すのかな?と思わせる終わり方をしていましたが、そもそも二人の相性はどうなんでしょうかね。「ネクストキング 恋の千年王国」の王様は「慕ってくれる相手と結婚するのが一番じゃ」と言っていましたが…

> 思いっきり秒速病を発症してからは影響はしばらく残りましたが、数ヶ月経った現在では時々思い出す程度に落ち着いてきました。

 新海監督を一躍メジャーにした「君の名は。」はご覧になりましたが。実は私はまだ見ていないのですが、私が「秒速病」である友人達は、「多分好きにならないぞ」と言うんですよね。何故なんだ(笑)。ハッピーエンドだからなんでしょうかね。そういうのを見るのも悪くはないと思うのですが。

> 管理人様のおっしゃったとおり、軽減してくれたのは本当に時間の経過でした。
> また訪問させていただこうと思います。大変情けないコメントですが本当にありがとうございます。

 いつでもいらして下さい。人生というのはこれが正解、これが王道というものはなく、人それぞれの道を進むものだと思っています。隣の芝生は青く見えるものですけどね。仮に一生独身・童貞でも、聖職者ならむしろ尊敬を集める訳ですし。「汝は、汝の道をゆけ そして人々にはその言うにまかせよ」(ダンテ「神曲」より)
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ