好きな声優さん(その13):斎藤千和~演技の幅広さは驚異的な「泣きの千和」

斎藤千和
 
 今日は晴れのはずだったんですが…雲が多い一日となりました。気温は相変わらず低めですが、風がないせいか散歩しても楽でした。以前はわりと近所にあった酒屋が遙か彼方(といっても隣の市ですが)に引っ越してしまい、今日初めて散歩がてらに移転先まで行き、お正月用の酒として久保田の千寿を買い求めました。

久保田 千寿

 千寿はポピュラーなのでどこでも売っていますが、この酒屋で買うと安いんです。四合瓶が1092円でした。これは製造元の朝日酒造の定価なんですが、どこでも大抵もっと高い値段を付けています。ついでに「はこだてわいん」のワイン&ブルーベリーも買ったりして。

 さて前置きをこれくらいにして、今年最後の声優さんのご紹介をしましょうか。本日は演技の幅がすさまじく広い声色の魔術師・斎藤千和です。

ラジオ収録中

 斉藤千和は埼玉県出身。1981年3月生まれの31歳です。声優志望のきっかけが変わっていて、お母さんにファッション雑誌「ViVi」を頼んだら間違って声優雑誌を買ってきたからだそうです。平積みの一番上は立ち読みされていたりするので、なるべくきれいな本を取ろうと下のものを取ったら声優雑誌だったらしいです。

 声優としての活動は1999年からですが、2002年頃から仕事が来なくなり、廃業も考えたそうです。2003年の最後に受けたオーディションに合格したので廃業は回避されましたが、声優業について改めて深く考えさせられ、世界観が変わっていったそうです。

マスコットを持つ千和

「これが最後」と思ったオーディションに合格して良かったですが、声優界にはそこで落ちて廃業していった人も数多いるんでしょうね……

 ツンデレとか元気な女の子がはまり役だったそうですが、最近は暁美ほむらや戦場ヶ原ひたぎのようなクールな役も多いようですね。泣きの演技に定評があって通称「泣きの千和」とも言われているそうです。暁美ほむらは終盤泣き通しになってましたが、それが故のキャスティングだったのでしょうか(笑)。確かに見事な演技でした。

 ファミコン16連射で一世を風靡した高橋名人に似ているという噂が…

高橋名人に似ている?

どうですか、似てますか?これはだいぶ前の写真だと思います。最近はだいぶ垢抜けたとかなんとか。

 それでは私が知っている斉藤千和の役柄を。例によってだいたい年代順です。

 ジェニファー(魔界戦記ディスガイア)

ジェニファー

 2003年のプレイステーション2用ソフトで、シミュレーションRPGです。魔王の座をめぐる魔界でのバトル展開の中、中盤に突如登場するアメコミのような一行。ジェニファーは37代目の地球勇者ゴードンの助手で、10歳で博士号を取得した天才科学者です。万能ロボットサーズデイを5歳の時に製作したそうです。養父は地球防衛軍のカーター総司令。

ジェニファーフィギュア

 古のマーシャルアーツ「カンフー」の使い手でもある。主人公である魔王の息子ラハールがどん引きするほどのナイスバディで、格好は水着そのまま。ラハール達を「ちゃん」付けで呼びます。2006年のアニメ版でもジェニファー役を務めています。

 山口真美(マリア様がみているシリーズ)

山口真美

 主人公の祐巳や「私の嫁」志摩子と同学年の新聞部部長。「リリアンかわら版」を発行しています。スールの姉にあたる前新聞部長の築山三奈子がゴシップ色の強い編集方針を取ることで、学園内や山百合会に騒動を巻き起こしていたのに対し、真美は山百合会と良好な関係を保って協力を得ることで、生徒達に話題を提供するというスタンスを取っています。

山口真美設定資料

 優良な記事を求めて精力的に活動していますが、運動能力や体力だけはサッパリです。

 藍華・S・グランチェスタ(ARIAシリーズ)
 
藍華

 主人公水無灯里のアクアにおける最初の同世代の友達にして親友です。ウンディーネ界の老舗大手「姫屋」の跡取り娘です。藍華が仕切る灯里・アリスとの合同練習はARIAの日常風景でした。口癖は「恥ずかしいセリフ禁止!」を始めとする「○○禁止!」。びっくりしたときは「ぎゃーす!!」と叫びます。

恥ずかしいセリフ禁止!

 幼少期、落ち込んでいた時にアリシアに元気付けられたことを契機にウンディーネを目指すようになり、アリシアに強い憧れを抱いています。その一方、周囲からお嬢様扱いされる中、厳しくも遠慮なしに付き合ってくれる晃に対しては、反発しながらも尊敬の念を強く持っています。

藍華とヒメ社長

 当初はアリシアに会う口実を増やすために灯里と友達になりましたが、すぐに仲良くなり、会社が違うにもかかわらずよく一緒に行動しています。負けず嫌いで勝気な性格である反面、涙もろかったり、怖がりだったりします。終盤でアリスがプリマに昇格したのを機に晃から昇格試験を実施することを告げられ、無事合格し、「薔薇の女王(ローゼン・クイーン)」の通り名をを名乗ります。また同時に姫屋が設けた新支店の店長に就くこととなり、毎日のように会っていた灯里とも離ればなれになりました。

髪を切った藍華

 アリシアのようなウンディーネになれるようとの願いから髪を長く伸ばしていましたが、中盤でバーベキューの最中に髪を燃やしてしまい、晃からアリシアを真似てもアリシアにはなれないと言われたことをきっかけに髪の毛を短くして、誰の真似でもなく自分独自のウンディーネになることを誓いました。

 原作最終話の灯里の近況報告によると、姫屋の若き支店長として多忙ながら充実した日々を送っており、支店長としての貫禄もついてきたということです。ARIAは本当にいい作品なのでマンガでもアニメでもぜひ一度ご覧下さい。

 月館千代(Strawbwrry Panic)

月館千代

 小柄な1年生で、幼稚園からミアトルに通っている生粋のミアトルっ娘です。ミアトルには、1年生は高学年生(高校生に当たる4~6年生)の雑用をこなす「お部屋番」という妙なしきたりがあり、千代は渚砂と玉青のお部屋番になりました。渚砂が主催する「お茶会」参加者の1人でもあり、渚砂に強い憧れを抱いています。

月館千代設定

 ミーナ(ブレイブストーリー)

ミーナ

 ネコに似たネ族の少女。サーカスのエアロガ・エレオノラ・スペクタクルマシン団に在籍し、空中ブランコの達人です。ガサラの町で主人公ワタルに助けられて以来、ワタルの旅の同行者になります。ワタルに好意を寄せるていて、ワタル自身もミーナには好意を持っています。

シリアスミーナ

 斉藤千和が演じたのは映画版の他、ゲーム版の「ブレイブ ストーリー ワタルの冒険」(プレイステーション2)、「ブレイブ ストーリー 新たなる旅人」(PSP)です。「新たなる旅人」のミーナはちょっとシリアスタッチですね。

 戦場ヶ原ひたぎ(化物語シリーズ)

戦場ヶ原ひたぎ

 シリーズのメインヒロインで主人公阿良々木暦の彼女。ですが、全然出番のない話もあり、素行の悪さも併せて「名ばかりヒロイン」「ヒドイン」などと自嘲することもあります。

アンリミテッドステーショナリーワークス?

 母親が悪徳宗教団体に入信した事から、中学卒業間際に教団幹部から強姦されそうになり、その事をきっかけに怪異「おもし蟹」に行き遭うことになりました。その後、5人の詐欺師に立て続けに騙されたことから攻撃的かつ用心深い人格が形成されました。 かつては実家は裕福で豪邸に暮らしていましたが、今では莫大な借金を抱え、両親は離婚し、安賃アパート「民倉荘」で、父親と二人暮らしをしています。

ひたぎフィギュア

 成績は優秀で羽川翼に次ぐ学年2位ですが、それは羽川翼が化け物的存在だから仕方ないでしょう。第一期「化物語」では髪は腰まで伸ばしており、儚げな美貌と難病という身の上からクラスの中では「深窓の令嬢」という位置づけでした。暦とは高校の3年間同じクラスですが、「ひたぎクラブ」まで交流がありませんでした。

私服のひたぎ

 本性は相当な毒舌家で、しゃべり出すと橋田壽賀子ドラマばりの長セリフを延々と続けます。怪異の影響下にあった頃は体重が異常に軽くなったため、重しや武器としてホッチキスやカッターナイフを初めとした文房具を大量に常備していましたが、暦の尽力により怪異の影響受けなくなってからは持ち歩かなくなりました。その後、暦に告白して正式に交際を始めましたが、恋仲になっても相変わらず毒舌は続けています。

文房具で武装するひたぎ

 暦曰く「デレないので、ツンデレというよりツンドラ」だそうですが、実際には暦に深い信頼と愛情を抱いています。しかし異常に攻撃的で嫉妬深く、独占欲も強いせいか、時期は不明ですが羽川翼によって人格更生プログラムを受けさせられたらしく、第二期「偽物語」では、翼のことを極度に恐れる様子を見せています。

ペンシルタワーとひたぎ

 第二期「偽物語」では髪を短くし、暦に対しても過剰なまでにデレる(暦曰く「ツンドロ」)ようになり、暦を携帯電話の恋人割引に加入させるなどバカップルぶりを披露しています。
笑顔のひたぎ

 ひたぎはまさに斉藤千和の演技力の神髄を見せつける役柄といえるでしょう。

 暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)

暁美ほむら

 私が斉藤千和を知る契機となった役柄です。主人公鹿目まどかのクラスに転校してきた魔法少女で、なぜか一人暮らしをしています。容姿端麗・学業優秀・スポーツ万能。まどかに対して、謎めいた警告と助言を繰り返します。

盾がないほむらフィギュア

 過去の経験から他人から理解されるということを諦めており、寡黙でクールな性格を演じ、他人に対して非情に接するが、根本的な優しさを捨てきれずにいる部分があります。劇中でその内面や過去などの秘密が明かされていくと共に、印象が二転三転していきます。

盾付きほむらフィギュア

 正体は別の「時間軸」から来たまどかの友人です。元の時間軸では、病弱かつ引っ込み思案な少女でしたが、魔法少女として戦うまどかに憧れました。まどかが人々のために勝ち目のない最強の魔女「ワルプルギスの夜」に一人で立ち向かい、戦死するのを目の当たりにして、「まどかとの出会いをやり直し、彼女に守られる人間から彼女を守る人間になりたい」という願いのもとにキュゥべえと契約を結びました。

わたしの、最高の友達

 第10話「もう誰にも頼らない」では、その後幾度も時間を遡り、まどかの悲劇的な最期を阻止するための戦いに身を投じる中で、魔法少女の本質やキュゥべえの正体を知るようになり、かつてまどか自身と交わした約束により、まどかがキュゥべえと契約を結ぶことを阻み続けてきました。過去には眼鏡をかけ、髪を三つ編みにしていましたが、他の魔法少女たちに事情を話して協力を求めてもまどかは救えないという結論に至って以降は、まさに「もう誰にも頼らない」という決意と共に、眼鏡を外し髪型も変えています。

三つ編みほむら

 ソウルジェムの色は紫で、魔法少女の衣装は学校の女子制服にも見える比較的地味目なものです。左腕には砂時計とドラえもんの“四次元ポケット”のような機能を有する円形の盾を装備し、これを用いて「時間操作」の魔法を操ります。操作できるのは1か月分のみで、砂の流れを遮断して時間を止める「時間停止」か、砂時計の上部から砂がなくなった時点で時間を1か月前まで逆行させる「時間遡行」しかできず、上部の砂がなくなると時間停止もできなくなります。

ほむらとまどか

 他に攻撃魔法や魔法を用いた武器を持たないため、純粋な魔法少女としての戦闘力は高くありませんが、膨大な努力と戦闘経験により並外れた実力を見せています。暴力団事務所や軍基地などから盗み出した銃火器や爆弾の数々を、時間操作能力と組み合わせて用いており、ゲームで言えば無属性攻撃を展開します。

此岸の魔女

 まどかに対する想いは当初は単なる友情であったが、失敗を重ねて同じ時間を何度も繰り返すうちに後に引けなくなり、全ての価値観をまどかの生死のみに置くようになっています。しかしほむらの努力は、結果的にまどかを最高の魔法少女にして最悪の魔女となる素質を持つ女の子にしてしまうことになってしまいました。状況を把握したキュゥべえにその事実を伝えられた後に臨んだワルプルギス戦において、今までの自分の行動が却って事態を悪化させていたという事実を受け入れて絶望した結果、ソウルジェムの穢れが急激に増加し魔女化する寸前になりました。ちなみにゲーム版ではほむらが魔女化すると「此岸の魔女」になりますが、その時点でゲームオーバーになってしまいます。

ラストシーン

 最終話「わたしの、最高の友達」では、まどかによって再構成された新たな世界でも以前の世界の記憶を維持しており、時間制御能力は失った代わりに、本来のまどかの能力を継承し、彼女の武器であった弓を使うようになっています。ラストの「たとえ、魔女が生まれなくなった世界でも、それで人の世の呪いが消え失せるわけではない。世界の歪みは形を変えて、今も闇の底から人々を狙っている。悲しみと憎しみばかりを繰り返す、救いようのない世界だけれど。だとしてもここは、かつてあの子が守ろうとした場所なんだ。それを、覚えてる。決して、忘れたりしない。だから私は、戦い続ける」というほむらのモノローグは泣かせます。

ほむらの翼

 遙かな未来、荒廃した世界でなお闘い続けるほむら。新たな敵・魔獣はむしろ僧侶のように神々しい雰囲気があり、対峙するほむらの翼は悪魔のように黒く禍々しくなっています。孤独なほむらの心に聞こえるまどかの「がんばって」の声。微笑むほむらは弓をつがえて魔獣を迎え撃ちます。

弓をつがえるほむら

 「魔法少女まどか☆マギカ」のもう一人の主人公あるい真のヒロインともいうべき存在の暁美ほむら。斉藤千和は脚本を担当した虚淵玄の勧めでオーディションを受けて抜擢されたそうです。やはり「泣きの千和」が評価されたのでしょうか。クールで凛々しい面と泣き虫で引っ込み思案な面の二面性を持った難しい役を見事に演じ分けています。オーディションの際は、周りが自分よりも年下の女性声優ばかりでかなり緊張したそうです。大丈夫、水橋さんがいるから(笑)。

ピンクのマフラーをかけた千和
 
 すっかり実力派の定評を得ている斉藤千和。この調子でますますのご活躍を祈念します。そういうことで私の好きな声優さん、13人揃いました。私の13人衆、EX13の完成です。え?それは何だ、ですか?まあググってみたら判るかも知れません。

 能登麻美子・皆口裕子・早見沙織・井上喜久子・小倉唯・花澤香菜・伊藤静・堀江由衣・中原麻衣・國府田マリ子・後藤邑子・岩男潤子・斎藤千和……おおっとなんとも豪華なすごいメンバーだ!!しかしなお「あの声優はどうした」「彼女が入っていないのはおかしい」などの声もあることでしょう。来年も引き続き好きな声優さん紹介を続けて、32人になったら例のグラップラー刃牙の「全選手入場」をやりたいなあとか思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

私も彼女の演技の幅の広さには驚いたものです

ひたぎさんとルッキーニ(ストライクウィッチーズ)が同じ声優さんだと知った時にはびっくりしました。
綾波とロケット団のムサシが同じ人だと知ったときぐらいびっくりしましたよ(@_@;)

彼女にはこれからも頑張ってほしいですね

Re: No title

 にすとさんこんばんは、いらっしゃい。

 おっしゃるとおり、千和さんは演技の幅が広いですね。

 私は「まどマギ」→「化物語」の順で見たのですが、ほむらがガハラさんとはびっくりしました。今度ほむらとひたぎの対談をやって欲しいですね。同時に演じられるんでしょうか。

 そういえばキュゥべえと八九寺真宵も同じ声優ですね。声質はあまり変わらないけどパーソナリティーが違いすぎてます。やはり日本の声優さんの演技力は世界一…!

No title

千和さんほどの人が一時は仕事が来なくて廃業を考えたというのは初耳で非常に驚きました。
声質の幅の広さも然ることながら今や折り紙つきの実力声優だけに、人に歴史ありですね。
最後と決めたオーディションに落ちず受かったのは運命的な必然性を感じますね。


千和さんを初めて知ったのは「月詠MOON PHASE」の葉月だったのですが、「化物語」のひたぎを千和さんが演じていたのを後で知って驚いたのをいまでもおぼえています。
ちなみに神谷さんとの共演も月読と化物語ともに共通でした(制作会社や監督さんが同じだったのですね)。
「化物語」の頃から私の中で千和さんは最も注目する女性声優になりました。
「まどかマギカ」の要となるほむら役の演技も文句なしで、今後も期待です。

Re: No title

 名無しさんこんばんは、いらっしゃい。
 
 おっしゃるとおり、誰にでも苦労はあるんでしょうね。栄光の陰の涙、下積みの辛さを才能の花として開花させた人だけが生き残っていくのでしょうか。

 これだけいろんな役をこなせるなら、かつての「まんが日本昔ばなし」を一人でやれるような気がしますね。私も斎藤千和の今後に期待しています。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ