好きな声優さん(その12):岩男潤子~元アイドルの歌唱力は抜群

岩男潤子
 
 本日は総選挙。皆さん投票には行きましたか?どこに投票するかはそれぞれの意志のままに。でも投票には行きましょう(これはノンポリのポリシーの範囲内で大丈夫ですよね)。何より選挙特番見るときにその方が面白いですから。

 昨日のアクセスはカウンター設置以来最多の429でした。先週は418アクセスあったのにランキングの更新がなくて順位は不明でしたが、今日は更新がありました。日記ジャンルで380609人中316位、会社員・OL部門で 37734人中55位となり、久々に記録更新となりました。50位以内も狙えるのかも知れません。ブログを始めた頃はそんな事態は想定していませんでしたが。年末年始、もしお暇でしたぜひ。でもランキングの更新は通常通りされるんでしょうかね?

1995年頃の岩男さん

 日曜日は声優の日ではないといいつつ、本日も声優さん。今回は岩男潤子です。

CDジャケットの岩男さん

 岩男潤子は大分県別府市出身。1970年2月18日生の42歳。声優のほか歌手もこなしていてシングルを12枚もリリースしています。ところでこの「岩男」という名字、本名のようですが凄いですね。

 「ところで俺の名字を見てくれ こいつをどう思う?」

こいつをどう思う?

 「すごく…男らしいです…」

すごく…大きいです…

 何しろ英語にすればロックマンですよ。何回やっても何回やってもエアーマンが倒せないあのロックマンです。

ロックマン
エアーマン

 岩男潤子は小学5年生の時、合唱で「翼をください」を歌った事で音楽に目覚め、13歳の時に初めて受けた歌のオーディション合格をきっかけに単身上京。芸能事務所に所属し、「いわお潤」の芸名で養成期間を経て86年にセイントファーの新メンバーとして妹分としてデビューしました。

新生セイントフォー。左端が岩男潤子(当時は「いわお潤」)

 セイントフォーというのは我々からすると非常に懐かしいキワモノのアイドルグループで、プロモーションに40億円かけたとされる、曲間にバック宙するなどアクロバティックなパフォーマンスをすることで話題になりました。84年にデビューしてシングルを4枚出しました。また同年の「ザ・オーディション」という映画に出演し、セイントフォーそっくりのグループ「レイカース」のメンバーを演じました。主演は世良公則でしたね。私にはこの映画を公開当時見に行ったという黒歴史があります。ホントにどうして見たんだろう?

旧セイントファー
ザ・オーディション

 しかし、パフォーマンスがあまりに色物だったためか、まだ車田正美の「聖闘士星矢」が始まっていなかった(86年です)ためか、いまいち人気が出ず、また所属事務所とレコード会社の路線対立により、85年以降はレコードが出せない状況になってしまいました。そうした中、86年3月にメンバーの一人板谷祐三子が脱退したため、岩男潤子は「いわお潤」が新メンバーとして加入することになりました。ですが、岩男潤子が参加したセイントフォーはシングルをリリースすることなく87年に解散することになってしまいました。

ねぇ、お父さん

 その後「潤」の名前で「ねぇ、お父さん」という石井光三とのデュエットソングで初シングルを出します。童謡歌手、子供ショーの司会、教育番組のお姉さん役などとしての活動しましたが、一時は引退も考えたそうです。94年のNHKのアニメ「モンタナ・ジョーンズ」のオーディションに合格し、ヒロインのメリッサ・ソーン役を射止めたことで、起死回生の声優デビューを果たしました。人気が出るまではアルバイトで生計を立てていたとか。
モンタナ・ジョーンズ
メリッサ・ソーン

 岩男潤子の公式HP(http://www.junkoiwao.jp/profile/index.html)のプロフィール欄にはセイントフォーのメンバーだったとか、人によっては黒歴史として封印したくなるかも知れない事実もきちんと公表しており、芸能活動をする上でのこの人の姿勢を良さが現れているなと思います。公式ブログ「J.I room」はhttp://ameblo.jp/iwaojunko/ です。 
公式HP
公式ブログ

 ちなみにアイドルから声優に転身して成功した人には、岩男潤子の他に日高のり子、佐久間レイ、櫻井智(レモンエンジェル)などがいますね。

日高のり子
佐久間レイ
櫻井智

 95年にはソロ歌手としてもデビューし、ソロコンサートも開催しています。声優業では、声色の豊富に定評があり、幼女から大人の女性、明るいタイプの女性、おとなしい女性、気が強い女性、母親役、少年役、動物キャラなど、様々なタイプのキャラクターの声を演じています。歌手としては、恋愛を中心とした切なさを生み出す雰囲気の歌、バラードを中心に歌っています。優しくしっとりとした歌声はまさにそういった歌にぴったりでしょう。最近はアニソンのカバーも行っており、2011年10月にリリースした「Anison Acoustics」はアニソンのカバー集となっています。

Anison Acoustics

 YouTubeにアップされているものをちょっとだけご紹介。

 残酷な天使のテーゼと魂のルフラン

残酷な天使のテーゼを歌う岩男潤子

http://www.youtube.com/watch?v=aAneMMu5YNg

 微笑みの爆弾

微笑みの爆弾を歌う岩男潤子

http://www.youtube.com/watch?v=U5pMe-I0Ch4

 さすがに上手いですね。ボサノバにとても適した歌声だと思います。

 さて、それではアニメやゲームで私が見た岩男潤子演じるキャラです。例によって原則古い順です。

 洞木ヒカリ(新世紀エヴァンゲリオン)

洞木ヒカリ

 シンジやアスカ・レイのクラスメートで学級委員長を務める真面目でしっかりした女の子。アスカと仲良しです。クラスメートの鈴原トウジにはいつも説教ばかりしているが、淡い恋心を抱いていました。アスカから諭され、彼のために弁当を作ったのですが、その時トウジはエヴァンゲリオンのパイロットに選ばれており、しかも機体は使徒に乗っ取られるて他のエヴァンゲリオンと戦闘になるという事態になってしまい、渡すことはできませんでした。テレビ版ではなんとか生還したトウジを見舞っていますが、映像出見る限り左足を失っている模様です。

洞木ヒカリ2

 ヒカリという名前はと新幹線からのようで、姉に「コダマ」妹に「ノゾミ」がいます。新幹線三姉妹。97年に出たセガサターン版のゲーム「新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression」では展開によってはシンジとキスすることも。番外編なんですが、なんという展開だ(笑)。

 法条まりな(EVE burst error)

法条まりな

 岩男潤子が演じたのはセガサターン版です。まりなは「EVE」シリーズ全体で主人公を務める一人です。内閣調査室所属の1級捜査官で、任務達成及び検挙率が99%を誇るスーパーエージェントです。明るく奔放な性格で、趣味は恋愛(笑)。ただし渋い中年男性にしかときめかないとの事です。「burst error」では桂木源三郎と恋に落ち、婚約までに至るが、死別と言う形で実る事はありませんでした。岩男潤子が参加していないPC版では濡れ場も描かれたそうですがサターン版はちょっと匂わす程度の表現でした。ちなみにサターン版では特典映像でインタビューやアテレコ風景を見ることが出来ました。

 シェルファニール(ラングリッサーⅣ)

シェルファニール

 昨日紹介したばかりのラングリッサーⅣのカコンシス王国の双子姫のお姉さんです。強力な魔法使いで聡明で感情を心の奥に秘めるタイプです。判明コスはど派手で1キロ先からも視認可能なような。序盤に一行が暗殺されそうになる場面があるのですが、きっとこの人のどでかい帽子のせいでしょう(笑)。

策士シェルファニール

 双子とはいえ長女という立場上、国王に背けず主人公一向に敵対することもありましたが、とにかくしゃべり方が穏やかでしとやかなので憎めませんでしたね。メインヒロイン格の妹アンジェリナを差し置いて、私は真っ先にこの人に告白してしまいました。

 大道寺知世(カードキャプターさくら)

大道寺知世

 主人公さくらの同級生にして一番の親友です。資産家大道寺家の一人娘で典型的なお嬢様です。見た目はおっとりしたお嬢様で長い黒髪が特徴的です。「〜ですわ」などのお嬢様口調で喋ります。歳に見合わぬ落ち着いた性格で思慮深いのですが、とにかくさくらが大好きで、自分の作った服を彼女に着てもらい、撮影した映像を観ることを至上の喜びとしています。

原作の知世

 コーラス部所属で、発表会などではソロで歌うこともあるほど歌が得意です。この辺りを考えての岩男潤子起用なのでしょうか。さくらのバトルコスチュームを手作りしたり、「さくらの勇姿は1秒たりとも逃さない」という信条からビデオカメラを片手に彼女を応援しています。本人に魔力はありませんが、洞察力が非常に高く、人を包み込んだり励ましたりする保護者のような側面もあります。

 ミント・アデレード(テイルズ オブ ファンタジア)

ミント・アドネード

 ヒロインの法術師で18歳です。白ずくめの衣装が印象的。彼女の一族は代々神官の家系で、母メリルが仲間と共に魔王を封印して以降は魔王の封印を守るという使命も課せられていますが、当初、彼女自身はその事を全く知りませんでした。物静かでおっとりとした性格で、年下でも相手を「さん」付けで読んでいます。

ミントのフィギュア

 聖獣ユニコーンに出会える清らかな女性(つまり処女)ですが、反面恋愛には相当疎いです。胸の大きさには定評があるのですが。法術はすべて補助・回復技なため、攻撃手段は杖で殴るのみですが、後衛に置くと回復役として重宝します。というか、バックアタックを受けた場合以外で彼女を前衛にするようでは主人公失格。

 早乙女和子(魔法少女まどか☆マギカ)

早乙女和子

 まどか達の担任の先生で、担当教科は英語です。まどかの母である詢子とは昔からの親友ですが独身であるため、婚期を焦っていますが、彼氏運がないせいか交際は長続きしないようです。恋の破局はホームルームや授業の内容にも反映され、それがシリアスで思い展開を緩和してくれているような気もします。一見頼りない感じですが、第11話では詢子と大人の悩みを打ち明け合う場面が描かれており、生徒達のことを気遣っていることが窺えます。

 六花の母(中二病でも恋がしたい!)

六花の母

 最新作。第10話「聖母の…弁当箱(パンドラズ・ボックス)」に登場しました。名前は不明です。控えめで大人しい女性で、夫(六花の父)の死後、六花と十花を夫の実家に置いて出て行きました(この辺詳細は不明ですが、十花は怒ってないようなので事情があったのでしょう)が、今ではこれを後悔しているようです。姉の十花が海外転勤するに際し、代わりに六花と住む事を考え、学園祭に現れますが、合わせる顔が無いとして、手作りのお弁当を勇太に託しました。

アンミラの衣装を持つ岩男さん

 芸能活動歴は26年を超えるという、年齢にそぐわぬキャリアの持ち主ですが、その優しい声でこれからも歌手として声優として活躍して欲しいものです。

ライブ中の岩男さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しかしセイントフォーって、脱退した板谷祐三子と新加盟の岩男嬢がいちばん売れたのでは?
それ以外のメンバーはぱっとしないしなあ。(まあ板谷祐三子が売れたと言っても、女優としてはぱっとしない・・・)

古参メンバーじゃなく、新規メンバーが最も売れっ子になるあたり、どうもドリフターズ(平野のマンガじゃない方の)みたいなことになっているなあ・・・。

ちなみに板谷祐三子嬢は独特の色気があって好きでしたが。脱いじゃったのは失敗だったよなあ・・・。

Re: No title

 こんばんは、いらっしゃい。

 岩男潤子はメンバーとしてではなく、声優になってから大成しましたね。セイントフォーにいたこと自体、当時の私は知りませんでしたから。レコードが出なくなってからはテレビにも出られずにライブで頑張っていたようです。

 板谷祐三子は映画「ザ・オーディション」でも主役の世良公則の最初からの「持ち駒」でした。セクシー路線は90年代まででしたが、30過ぎると「ヌードだけ」ではなかなか…。

 むしろいまだに写真集を出している濱田範子(現在は濱田のり子)の方が凄いかも。岩間沙織(現在は岩間さおり)もまだ女優として活動しているようです。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
11位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ