黒歴史?アイドルのキャッチフレーズ

 
黒歴史という言葉があります。元々は「∀ガンダム」に登場した用語で、過去に起きた宇宙戦争の歴史のことを指すものですが、ここから転じて、無かったことにしたい、あるいは無かったことにされている過去の事象を指すスラングとしても用いられています。
 
 例えばあの大女優が昔は脱いでいたとか、あの大物歌手が昔はリンゴ箱の上で観衆5人に向かって歌っていたとか、そういうのも黒歴史といえるでしょうが、若い頃、無名の頃は誰もが苦労するものなので、むしろ功成り名を上げた後には美談になるかもしれません。徳光さん泣くだろうし。

 ウィキペディアによると、芸能人・俳優女優・文化人など著名人の黒歴史としては、現在の本人のイメージに合わない経歴や過去の仕事であるとして、具体的には
◇過去のスキャンダル・不祥事・犯罪行為
◇文化人タレントの路線を取る様になったお笑いタレントが封印した、かつて使っていた下ネタ
◇各種子供向け番組やアダルトコンテンツ(ピンク映画・アダルトアニメ・アダルトビデオなど)への出演・関与
◇テレビ番組・テレビアニメ・玩具などとのタイアップ企画的アイドルユニットへの所属
◇失敗した企画、売れなかった楽曲など
が挙げられています。なるほど。

 まあそんなに重いテーマを取り上げる場でもないので、ここでクイズです。黒歴史かどうかは本人の気持ち次第ですが、70~90年代アイドル達に関する、「このキャッチフレーズは誰の?」です。

1.国民的美少女
2.南の国からきたシンシア
3.一億人の妹
4.あなたの心の隣にいるソニーの白雪姫
5.20世紀最後のアイドル
6.初恋の味
7.好きといいなさい!
8.フェニックスから来た少女
9.まごころ弾き語り
10.微笑少女
11.おキャンなレディ
12.さわやか天使
13.抱きしめたいミスソニー
14.ちょっとエッチな美新人娘
15.永遠のアイドル


答え合わせ
1.これは簡単でしょう。

後藤久美子

 そう、ゴクミこと後藤久美子です。今や38歳。F1レーサーのジャン・アレジと結婚してスイスに住んでいるとか。

2.シンシアのニックネームは有名。元祖17歳。

南沙織

 南沙織です。57歳。シンシアはクリスチャンネームのようですね。旦那さんは写真家の篠山紀信です。

3.これも有名なキャッチフレーズです。

大場久美子

 大場久美子です。現在52歳。この人の歌はなんというか…その…
「私のこの歌、こいつをどう思う?」
「すごく…音痴です…」
 本人にも自覚があったようで、「私は女優の世界にお嫁に行きます」なんて言っています。自宅全焼とか事業破産とか離婚再婚とか波乱万丈な人生を送っているようですね。

4.「白雪姫」といえばこの人。

天地真理

 天地真理60歳!還暦!「隣の真理ちゃん」とも呼ばれ、70年代前半を代表するアイドルでした。引退後、復帰する度に変わり果てた姿になっていて、全米が泣いたようです。

5.一転して90年代アイドルです。

高橋由美子

 高橋由美子38歳。90年代早々にこのキャッチフレーズだったので、実際にはもっと後発のアイドルもいたと思いますが、この時代は「アイドル冬の時代」と呼ばれ、知名度の高い人が他に見当たりませんね。

6.これはちょっとわからないのではないでしょうか。

ピンクレディ

 カルピスかと思ったら、なんとピンクレディー!ミーとケイですよ。70年代後半を代表するアイドルですが、この人たちの歌と振付のどこに初恋の味を感じるのかと小一時間問い詰めたいところです。完全に戦略ミスの気がしますが、売れたので結果オーライでしょうか。

7.これはシングル曲のタイトルでもあります。

本田美奈子

 本田美奈子です。2005年逝去。享年38歳と早すぎる死が惜しまれます。「好きと言いなさい」はデビューシングルのはずでしたが、本人がアイドル色が強い「好きと言いなさい」よりも大人の色気が強い「殺意のバカンス」をファースト・シングルにしたいという希望を持っていたため、セカンド・シングルになってしまったそうです。

8.聖闘士星矢みたいな感じですが…

浅香唯

 浅香唯です。三代目スケ番刑事。現在42歳。80年第後期に南野陽子、工藤静香、中山美穂とともに「アイドル四天王」の一角に昇りつめましたが、デビュー当初は全く売れなかったようです。「C-Girl」や「セシル」は名曲だと思います。しかし宮崎県出身で宮崎といえばフェニックスという連想はわかるのですが、「フェニックスから来た」はさすがに意味不明じゃないでしょうかね。

9.確かに最初の頃は弾き語っていましたね。

太田裕美

 太田裕美です。57歳。「木綿のハンカチーフ」はもはや日本のオールディズ。かつてスクールメイツに所属しており、キャンディーズの3人とも共演していたようです。カルテットのキャンディーズもありえたのか?私は昔この人のファンでLPも何枚も買ったんですが、今や一枚も残っていません。

10.誰でもあてはまりそうなキャッチフレーズですが。

小泉今日子

 小泉今日子、キョンキョンです。八丈島出身ではありません。46歳。この人は売れましたが、なによりも話題作りがうまかった。髪型やファッションなど、アイドルの既成観念を常に突き崩していたような。小顔で、「キョンキョンの顔は握り拳大」という都市伝説もありました。いくらなんでも…(笑)。

11.それどころではない黒歴史をお持ちですが。

酒井法子

 酒井法子、のりピーです。41歳。昔はね、とっても可愛かったんですよ。のりピー語も流行ったし、90年代以降はアジアで人気者となり、「碧いうさぎ」はミリオンセラー達成ですよ。ああそれなのに…。「おキャン」じゃすまない位に弾けてしまった最近の方が黒歴史……

12.スポーツが得意でした。現薬丸裕英夫人。

石川秀美

 石川秀美です。45歳。この人のキャッチフレーズはまさにドンピシャですね。健康的なお色気と脚線美が売りでした。90年早々に「出来ちゃった婚」のスキャンダルで引退しましたが、下手を打ったというよりは、事務所の反対を押し切るために確信犯的に行ったそうです。子供はなんと5人。数の問題ではないとはいえ…愛し合ってるのね(笑)。

13.ジ・アイドルのあのお方です。

松田聖子

 松田聖子50歳。80年代を代表するアイドルであり、現在もなおアイドルでしょうか。2回結婚して2回離婚していますね。私はかつてこの人の「青い珊瑚礁」でアイドル歌謡に目覚めました。私の80年代は松田聖子と共にあり。しかし80年代末以降の楽曲からはどうも肌合いがあわなくなって、90年代以降はさほど関心がなくなってしまいました。「Pineapple」「Candy」「ユートピア」の82~83年の連続3アルバムは名盤です。

14.変過ぎるキャッチフレーズで逆に有名になってしまったかも。

中森明菜

 中森明菜46歳。歌姫と呼ばれた彼女は今どこに。どっちかというと友近の物まねのほうが印象強い昨今です。パチンコなんかになっているようですが、本人はとんとお見かけしなくなりましたね。なお「美新人娘」は「ミルキーっこ」と読むそうです。美=み、新人=ルーキーということか(笑)。「ちょっとエッチな」はヘルシーという意味だとか聞いたことがありますが、中森明菜には最初からあんまり健康的なイメージはなかったような。

15.……これはキャッチフレーズではなく、私が勝手にそう呼びたいのです……

岡田有希子

 岡田有希子、享年18歳。人気絶頂の頃に自ら命を絶ってしまった彼女はこう呼ぶしかないかと。後追い自殺も相次いで報じられ、当時は社会問題にもなりました。彼女と入れ替わるような形で酒井法子が登場してきたのが印象的でした。初期三部作の「ファースト・デイト」「リトル・プリンセス」「-Dreaming Girl-恋、はじめまして」は竹内まりあ作詞、次の「二人だけのセレモニー」「Summer Beach」は尾崎亜美作曲、その後の「哀しい予感」は再び竹内まりあと、ニューミュージック・アーティストが登用されていました。生前最後のシングルにして最初で最後のオリコン1位作品「くちびるNetwork」は松田聖子作詞、坂本龍一作曲という超豪華版でした。

 今日は短く企画ものでと思ったのですが、いつもより時間がかかってしまいました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何故か大場久美子さんの曲がiPodに入っていて、時々鳴ってギョっとさせられます(笑)
太田裕美さんの歌は、今聞いても癒されますよ。。。
後の人たちは、あんまり。。。。

Re: No title

> 何故か大場久美子さんの曲がiPodに入っていて、時々鳴ってギョっとさせられます(笑)

大場さんに手をだすとはお目が高い。どういう経緯で入手したんですか(笑)。エトセトラとかスプリング・サンバとかエナジードレイン喰らいまくりじゃないですか?可愛かったんですけどね、ルックスは。

> 太田裕美さんの歌は、今聞いても癒されますよ。。。

太田裕美はだいぶはまりました。70年代のせいか、結構貧乏がまとわりつくような歌が多かったような気がします。「しあわせ未満」とか。「木綿のハンカチーフ」や「赤いハイヒール」も裕福ではないですし。「神田川」的世界だったんでしょうかね。貧乏はもういやだ。

酒井法子は・・・

アニソンの『夢冒険』以外は記憶にない・・・。
何か歌ってましたっけ?てな扱い。
あのアニメもかなりビミョーな作品でしたが。

太田裕美は「りぼん」読者には『星がたり』が有名なんじゃないかな?
とある作品でのキーになってましたが。
でもあの当時(80年代後半)でもすでに古かったような・・・

Re: 酒井法子は・・・


酒井法子は可愛かったのですが、大ヒットはなくて、紅白歌合戦に出場したのも95年の「碧いうさぎ」が初めてだったので、楽曲の印象は薄いかもしれませんね。私は結構覚えているんですが…例えば「トップをねらえ!」主題歌の「アクティブ・ハート」とか。

太田裕美の「星がたり」はアルバムに入っていました。確か「Feelin' Summer」に。これは名盤だったなあ…今は手元を永遠に去ってしまったけど(涙)。太田裕美については、80年代に入って渡米して以降、急速に関心を失ってしまいました。そしてアイドルへ傾斜を(笑)。

クルマで聞いてます

ああ、「アクティブ・ハート」。クルマのCDにありました。そうかあれも酒井か・・・。


>渡米して以降、急速に関心を

飯島真理とか。米国が好きな人が多いよなあ・・・。
もっとも向こうに渡ってからも活動が続いた例はまずありませんが・・・

>リンゴ箱の上で観衆5人に向かって歌っていた

いま、仮設住宅村では頻発しているようで。

メジャーなアーティストが陸続来ている反動か、マイナーな芸能人やアーティストが訪れても「誰それ?」で、酷い場合には楽団よりも観客が少ないこともあるとか・・・。
有名芸能人をタダで見られるせいか、近隣市町村からまで人がやってくるとか。
一番喜ばれないのが、ローカル芸人だとか。
縮図のようになっているそうですな。

>黒歴史という言葉

語源(?)が∀ガンダム(アニメ)っていうのが面白いですね~~~(笑)

それじゃあ自分のハマったアイドルを時系列で・・・(聞いてない?)

>3.大場久美子
昔のオンチなアイドル歌手といったらこの人か浅田美代子でしょうかぁ。
ミヨちゃんは自分が一番最初に好きになったアイドルでしたが・・・
大場さんは後年再婚したのですが、相手がファンと知って驚きました。
でも、うらやましいようなうらやましくないような・・・2,30年前だったらいいんだけど。

>9.太田裕美
もしかしたらキャンディーズの一員だったかもって知って驚きました(笑)
再結成の時はスーちゃんの代わりに・・・
自分は今でも貧乏なので(笑)、この人の曲好きです。
’神田川’臭がするのは伊勢正三の曲を歌ったりしてるからかも知れませんね。

>13.松田聖子
コンサートに行った唯一のアイドルでした。
絶対的なルックスはアレなんですが楽曲が非常に良く、アルバムの曲まで素晴らしい出来でした。

>10.小泉今日子
>14.中森明菜
どちらも「スター誕生」出身、同年(82年)デビュー。売れ方が全然違いましたが、キャラも含め自分的には明菜のライバルはキョンキョンだったと思っています。
1ヶ月に10数人もマネージャーを交代させたとか当時ウワサが流れましたが妙に納得してました・・・どっちかは敢えて書きませんが(笑)

>7.本田美奈子
亡くなってからが一番メジャーになった気が・・・
まぁ、「1986年のマリリン」のヘソ出しルックはインパクトありましたけど。
後年ミュージカル女優になってから、アイドルだったことが黒歴史だったみたいなこと言ってました。

で、この後はおニャン子に・・・

Re: >黒歴史という言葉

> 語源(?)が∀ガンダム(アニメ)っていうのが面白いですね~~~(笑)
 junkyさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

> 昔のオンチなアイドル歌手といったらこの人か浅田美代子でしょうかぁ。

 そうですね。風吹ジュンも捨てがたいですが。大場久美子は結構グラマーだったので昔だったら羨ましいでしょうね。でのこの人の人生は波瀾万丈すぎて、平穏を求める人だとちょっと添い遂げるのは無理かなあ。

> もしかしたらキャンディーズの一員だったかもって知って驚きました(笑)
> 再結成の時はスーちゃんの代わりに・・・

 スーちゃんの代わりに太田裕美が入ってキャンディーズ再結成、いいですね。でも当時の格好は全力で拒否しそうです。

> 自分は今でも貧乏なので(笑)、この人の曲好きです。
> ’神田川’臭がするのは伊勢正三の曲を歌ったりしてるからかも知れませんね。

 70年代の貧乏ソングは「郷愁」ですね。貧困層出身としては、あんな貧乏はもうしたくないですが。

> コンサートに行った唯一のアイドルでした。
> 絶対的なルックスはアレなんですが楽曲が非常に良く、アルバムの曲まで素晴らしい出来でした。

 ええ。聖子ちゃんはルックスではありません。歌唱力と楽曲の素晴らしさです。アルバムを売るアイドルは彼女は初めてではないかと思います。

> どちらも「スター誕生」出身、同年(82年)デビュー。売れ方が全然違いましたが、キャラも含め自分的には明菜のライバルはキョンキョンだったと思っています。

 そうですか。私的には松田聖子が中森明菜のライバルかと思っていました。生き様が対照的な気がして。

> 1ヶ月に10数人もマネージャーを交代させたとか当時ウワサが流れましたが妙に納得してました・・・どっちかは敢えて書きませんが(笑)

 それはもちろん明穂のお姉さんの方ですよね(笑)。

> 亡くなってからが一番メジャーになった気が・・・
> まぁ、「1986年のマリリン」のヘソ出しルックはインパクトありましたけど。
> 後年ミュージカル女優になってから、アイドルだったことが黒歴史だったみたいなこと言ってました。

 彼女はミュージカル女優になってからが「自分の足でちゃんと歩いている」人生だったのかも知れません。アイドル時代も好きだったので全否定されるとちょっと悲しですが。アルバム発売日を中森明菜にわざとぶつけたりと挑戦的なところも嫌いじゃなかったです。ともあれ、もっと長生きして欲しかったのですが。

> で、この後はおニャン子に・・・

 おニャン子クラブも好きでしたが、善し悪しはともかく、彼女らが事実上昭和アイドルの時代を崩壊させたんだろうと思います。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ