プリンセスメーカー2:愛娘を魔王にしてしまいました…

サターン版プリメ2
 
 いやー実に秋らしい晴天ですね。夏は暑い暑いばっかりで、秋になればなったで秋だ秋だばっかり言っている気がしますが、一応「日記」カテゴリなのにこんなでいいのかと自分でも思っております。しかし、今日はこれからshobunoさんたちと飲むのでとっとと始めてしまいますよ。

 さて恒例「ギャルゲーの土曜日」ですが、先週プリンセスメーカーを紹介したので、「1」が出たら当然次は「2」でしょうということで、今回は「プリンセスメーカー2」です。

サターン版プリメ2裏

 一作目から2年後の1993年6月15日にPC-9801版が発売され、以後各機種に移植されたのは「1」同様です。前回の娘が戦災孤児だったのに対し、今回は神様から預かった天界の少女を育てていくという形になっています。ある王国がソドムトゴモラの如く退廃に陥ったことにより天界の怒りを買い、天界に命じられた魔王とその軍勢が王国を攻めて滅亡寸前というところまでいくのですが、たまたま通りかかった勇者(主人公)が単身魔王の本陣に乗り込んで魔王と一騎打ちをして負傷しながらも魔王を退けることに成功します。これにより天界は王国にもう一度だけチャンスをやることとし、勇者に娘を授けてその育て様を見て判断するということになりました。

あの星を目指せ!(プリンセスの星…一徹か)

 娘の育成具合に王国の命運がかかっているのなら、王国は全面的にバックアップしてしかるべきですが、特別な支援は特にありませんでした。まあ主人公は救国の英雄なのである程度特別な扱いを受けているようですが、退役将軍くらい?たいしたものではありません。

天から降りてくる娘

 本作からはアドバイス役として執事のキューブが登場します。コウモリのような翼を持っていたり耳が長かったりと明らかに魔族なのですが、執事になった経緯などは一切不明です。街の人には普通の人間に見えているようです。
執事のキューブ
魔族のキューブ

 また「1」が12歳以上対象のゲームだったのに対し、「2」は15歳以上対象のゲームとなりました。その差はというと、ゲーム中にお尋ね者との闘いに敗れてあわやという目に遭ったり、非行により牢屋に入れられたりというイベントが発生することや、エンディングも大地主の中年男の妾になるとか、娼婦になるとかSM女王になるといったややインモラルなものがあるからでしょう。王子の結婚相手としてのプリンセスのみならず、現国王の王妃になってしまったり、寵姫になったりもします。また魔王に見初められて「悪魔の花嫁」になることも…

魔王の花嫁

  娘のデザインは、個性的だった「1」に比べると汎用的というか、特徴の少ない者になっているような感じがします。主人公色に染まっていく純白のウエディングドレスのような娘といった風情でしょうか。なお娘声は複数の声優さんが演じていますが、私がプレイしたセガサターン版では久川綾さんでした。なかなか品があって良かったのと、付属していたドラマCDの熱演が印象的でした。

娘の初期画面

 全体的にイベントとかパラメーター項目が増えていて、前作から順調な進化をしている本作ですが、その分娘の状態もいろいろ変わっていて難しくなっています。本作ではなぜかストレスが万病の元凶となっています。
春のバカンス

 良いステータス:笑顔
 ストレスのない状態です。 できればこの状態を保ちたいのですが、条件は月末にストレスが0なことなので、ストレスが毎月2上昇する血液型A型の娘では見ることができないという差別ぶり(笑)。
夏のバカンス

 バッドステータス①:病気
 病気にかかると、バイトや習い事を失敗しやすくなるほか、 最悪死んでしまうことも…。月末のストレスが体力より10以上甥と病気になります。90以上になると瀕死の重体に。対処方法はとにかくストレスを下げることですが、瀕死状態が2ヶ月続くと娘は死んでしまい、ゲームオーバーになってしまいます。 最善の対策は予防ですが、そのためには健康管理を「とにかく丈夫な子」という方針の下、農場や舞踊などで体力を上げたり、月末にストレスを残さないようなスケジュールを組むのがいいでしょう。
秋のバカンス

 バッドステータス②:非行化
 反抗的な状態で、バイトや習い事をサボります。警察の厄介になるようなことになると評判傷が…。月末のストレスが信仰かモラルの高い方の数値を10以上上回ると非行化します。90以上になると愚連隊に仲間入り…。 対処方法はやはりストレスを下げることで、他に信仰かモラルのどちらかを上げることも有効です。愚連隊入りが2ヶ月続くと逮捕されます。死ぬよりはましとはいえ…。予防のためには信仰かモラルのどちらかを上げるか、月末にストレスを残さないようスケジュールを組むことです。
冬のバカンス

 バッドステータス③:肥満肥満
 体重が増えすぎて見た目が太くなり、ドレスも着られなくなるので毎月色気が減少します。対処方法はダイエットあるのみ。
健康管理を「ダイエットさせる」にすればすぐに減らせるが、体力が低下します。 体力に不安があると、キューブが勝手に「とにかく丈夫な子に」に変えてしまいます。まあ死ぬよりはましですからね。 夏の海にバカンスに行くと、体力を落とさず減量できるほか、「いにしえのミルク」を使うと、1kg減ります。それ、古くて悪くなったミルクでおなかを壊すということでは…。予防策は常に体重に注意して、健康管理を「おしとやかな子に」にしておくのが有効です。
武者修行で敗れると…

 バッドステータス④:色気
 これはバッドなのでしょうか…?色っぽい状態で、妾の誘いやナンパに遭いやすくなります。フェロモンむんむん状態ということでしょうかる。色気のパラメーターが一番高いとなるようです。予防策は他の基本能力を色気より上げることです。また信仰やモラルを上げればこの状態を保ったままでも妾やナンパをかわせるようです。それなら色っぽい娘も悪くはない…?
高級娼婦エンド

 バッドステータス⑤:家出
 何を思ったか娘が1ヶ月家出してしまいます。表情には表れないので前兆がつかめません。感受性が他の基本能力より高い状態で月末にランダムに発生するようです。発生するととにかく行方不明なので娘の帰りを待つしかありません。また 帰ってきても全評価が-10%(涙)。予防策は他の基本能力(ストレス・因業を除く)が感受性を上回るようにすることです。
寵姫エンド

 エンディングは就職と結婚が別に表示されます。なので勇者になって王子と結婚とかが普通にありです。まあ職業に王妃とか寵姫とか伯爵夫人とかもあるので、そうなると重婚は不可能ですが。あと魔王の花嫁から魔王就任というエンドもありますがこれも独身なんでしょうね。
ヤミ酒場就職エンド

 私は愛娘ということで感情移入が過ぎるせいか、鬼畜系なプレイはできませんでした。なので娼婦とか妾とか父との結婚といったエンドは見られなかったのですが、魔王エンドだけは見てしまいました。因業(カルマ)を下げずに他は素晴らしいパラメーターという状態でなったのですが、その前に魔王の花嫁となって去って行くというイベントがあります。もし娘が掠われたというのであれば、父としては草の根分けても探し出して救出するところですが、もはや娘は父を凌ぐ戦闘力・魔力を持っているので魔王といえど無理矢理連れ去ることなどできないでしょう。自分の意志なら仕方がないかな…なんて思っていたら娘が新魔王就任という知らせが。やはり魔王ごときはお前の敵ではなかったか(笑)。
戦士系勇者エンド

 もちろんその先はゲームにはありませんが、ちょっと妄想してみると、さあ父はこれからどうするか?
魔王エンド

 ① 老いた体に鞭打って、愛剣をとって魔王征伐に向かう。娘が魔王となったのは己の責任。けじめはつける。しかし、自分が倒せなかった魔王を倒した娘に勝てるのでしょうか。魔王軍を蹴散らし娘と一騎打ち。案の定娘の戦力は父を圧倒します。しかし、父には娘にも伝授しなかった最後の切り札があったのです。相打ち必至の秘奥義で自らの命と引き替えに娘と共倒れとなる父。「お、お父様…」瀕死の手を伸ばす娘の指に触れつつ父も絶命するのであった……
SM女王エンド

 ② 新魔王就任で祝宴が催される魔族の中に一人の男の影が。「何者!」魔将軍達に囲まれても悠揚迫らぬ男に気付いた新魔王が制止する。「お父様…」娘に向かう道が開かれ、ゆっくりと歩を進める父。左手には愛剣が提げられている。「娘よ…」呼びかける父。「よくぞ魔王を倒した。しかし慣れない魔族どもの中に一人ではいろいろと辛かろう。及ばずながらこのわしがお前の背中を守ろう。」「お、お父様…なんて嬉しい…」「うむ。好きなように生きなさい。お前と私なら天界にすら攻め込めようぞ」
魔力系勇者エンド

 ③ 新魔王が天界の命を受けて王国に攻めてくる。パニック状態の王宮に呼び出された元勇者は国王以下王国の要人に責められる。「そなたの責任であろう。何とかせい!」黙念と責め立てられていた元勇者はやおら立ち上がると愛剣を提げて謁見の間を立ち去ろうとする。「待たんか!責任を取れ!」「責任だと?」踵を返した元勇者の目の鋭さにたじろぐ一同。「王国滅亡は天界の意志。それと知らずに血気にはやった若者が魔王に挑んだが8年前の話。本来8年前に滅亡していたはずが今日まで生きながらえられたのだ。その幸運に感謝することもなく、何ら対策を取ることなくひたすら惰眠を貪っていた貴様らに人を責める資格があるか。」くるりと振り返って再び謁見の間を立ち去ろうとする元勇者。「仮初めとはいえ娘と剣を交えることはわしにはできん。不服ならば腕ずくで止めてみよ。まあ何十人何百人が束になってもわしを止めることはできんだろうがな。魔王は己の意志でがなく、天界の命を奉じるもの……せめて神に助命を祈ってみるのだな…」飄然と王国を去った元勇者の行方を知るものは誰もいなかった……
王妃エンド

 個人的には①が悲しくも美しいのではないかと思いますが、選択するなら②ですね。娘と二人して世界を壊して回り、ついでにふざけた天界も破壊してやりますよ。
(_゚∀゚)o彡°ケイオスケイオスアイワナケイオス!!
王子と結婚
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ