記憶に残る一言(その85):山田光男さん(仮名)のセリフ(某ニュースの引きこもり特集)

卯の花が咲いています

 ここんところ梅雨寒みたいなぱっとしない天気が続いていますね。涼しくて個人的にはいいのですが。五月晴れという言葉はあるけど五月曇りというのはないような。五月雨と同じく、五月晴れも本来梅雨時に見られる晴れ間のことなんですが、誤用で新暦の5月の晴れという意味にも用いられ、そちらの意味で国語辞典に掲載されることもあります。言葉は生き物ですねえ。

働いたら負けかなと思ってる 

 本日はあるニートのセリフを紹介しましょう。テレビに登場するニートはインパクトのあるセリフを放つことが多いですね。一番有名なのはこのセリフだと思います。もしかすると放送するためにインパクトのあるセリフを放たせられているかも知れませんが。

今の自分は勝ってると思います 

 私も宝くじで10億当たるといったことで、不労所得が充分あるなんて状況が生じたらならば「働いたら負けだと思っている」「今の自分は勝っていると思います」なんて言い放つとかも知れません。しかし、ほとんど無収入でそれを言い放つだけの度胸は持っていません。そのメンタルの強さがあればどんな仕事も出来そうな気がしますが…

boketeの突っ込み 

 しかしこれはあまりに有名なので、今回紹介したいのは別のニートのセリフです。2008年の5月か6月頃の「引きこもり」を特集したニュース番組に登場したそうですが、動画が削除されているので今となっては番組の詳細不明です。

 働きたくないでござる

 山田光男さん(仮名)は29歳のバリバリニート。某有名理系大学を卒業したものの就活に失敗し、そのまま引きこもりになってしまったそうです。パパンはおらず、60歳になったママンの稼ぎ(さほど多くはない)で食べているそうです。山田さん自身は「インターネットで収入を得ている(キリッ」とのたまっていますが、それはおそらくアフィリエイトで、しかも金額は月間400~1000円程度。

山田光男(仮名)

 ママンは働いて欲しいと言っている(当然だ)のですが、山田さん(仮名)は「働け、働けってうるさく言うだけで何もしてくれない」と。誰の稼いで来たお金で食べているのだこの人は。

将来を考えているとな 

 取材スタッフが「時給800円のバイトをしたほうが良いのでは?」と尋ねると、山田さん(仮名)は、「将来のことを考えると割に合わない」と拒否。なんとこのニートさん、将来を考えているのか!?ではそのなりたい未来とは?

やるなら軍師 

 ここで今日の記憶に残る一言です。「やるなら軍師(キリッ」と意表を突く返答。愕然としたスタッフが「軍師??」と聞き返すと、「軍師ってほら、他人にいろいろ指示したりアドバイスする仕事。そーゆーんじゃないと将来性がないと思うんですよ。」とドヤ顔でのたまいます。

軍師とはなんぞや 

 なるほど、コンサルタント的な仕事を「軍師」と表現しているのね。確かにそれは将来性がありそうな仕事ではあります。では引きこもって世間に出てこない人が一体何をアドバイスするんでしょうかねえ。

ホラッチョ川上 

 そうそう、自称コンサルタントといえば思い出すのがショーン某。むしろ「ホラッチョ」という的確すぐる仇名で後世に名を残しそうな勢いです。致命的な学歴詐称により経営コンサルタントとやらも眉唾ものなんですが、ラジオパーソナリティー、ナレーターとしては数々の仕事をこなしていました。やはり引きこもっていたらこういう仕事には決してありつけないでしょう。

自分力を鍛える 

 今は引きこもっているも同然じゃないか?いえいえ、きっと彼は自身の著作のように「自分力」とやらを鍛えている最中なんでしょう。ドラゴンボールでいう「精神と時の部屋」に籠もって修行中なのです。

 精神と時の部屋

 一旦彼が「ホラッチョ川上」と改名して「しくじり先生」を始めとするバラエティ番組に出演して自虐的ギャグを炸裂させたら、再ブレイクの可能性もあると思うのですが…。ぜひ「自分力」とやらでプライドや羞恥心を投げ捨てて貰いたいものですね。

しくじり先生 

 とはいえ世間的には無名の山田光男さん(仮名)にはそんなオファーもあるわけがなく。「軍師」と言えばまっさくに思い出すのは諸葛孔明(諸葛亮)な訳です。確かに彼は劉備に三顧の礼で招かれるまでは“知る人ぞ知る”といったレベルで世間では無名な人でした。しかし孔明はニートをやっていたわけではなく、晴耕雨読の生活を送っていたのです。

ナイス仇名ホラッチョ 

 晴耕雨読、すなわち晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書することで、雨の日こそ室内でゲームをやっているのとさほど変わらない状態(実はかなり違うと思います)ですが、晴れの日はしっかり農業をやって生計を立てていた訳です。だから孔明は無名ではあったけれど引きこもりでもニートでもなかった訳で。もちろん才能や人格も重要でしょうが、生計を立てつつ勉強をしていたからこそ軍師に登用されたということです。

軍師といえば諸葛孔明

 しかし…彼だって最初からニート志望という訳ではなかったことでしょう。理系の有名私大に入学した当時は明るい将来があるものと思っていたのではないでしょうか。私もかつてはコミュ障気味だったし(今も危ない気がしますが)、一歩間違えたら「やるなら軍師(キリッ」になっていたのかも知れません。もちろんそれをもって「勝ち組」「負け組」なんて断じることはできません。他人がどう思っているのかより、自分がどう思っているのかが大事ですから。でもリースマン言うところの大衆社会で支配的になるという「他者志向型」、すなわち絶えず他者の行為や欲求に同調しながら自己の生活目標を変えていくタイプの人にとっては、他人がどう思うかが=自分がどう思うかになってしまうのかも知れませんが。

ニートは夏休み? 

 なお、ニートは毎日夏休み状態と思われがちですが、実際には宿題を放置したまま迎えた8月31日の気分がずっと続くのだとか。なんとかしなきゃという焦燥感と今さらどうにもならないという無力感の板挟み…となると、一見気楽そうなニートを続けるというのも、精神的にはかなりきついことなのかも知れませんね。やっぱり生活に不安のない楽隠居がいいですなあ。

これがスネップだ 

 放映時から既に9年…今頃山田光男さん(仮名)はどうしているのでしょうか?軍師になれたかどうかは定かではありませんが、少なくともニートではなくなっているはずです。え?なぜ判る?それはですね。ニートというのは“15歳から34歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者”と定義されるところ、彼は既に38歳。堂々たるアラサーなのでニートは卒業です。では何になっているのかと言えば、最有力なのはスネップですね。おっと、近頃解散したアイドルグループとは違いますよ。

スネップ加入条件 

 スネップ(solitary non-employed persons、SNEP)は、20歳以上59歳以下の在学中を除く未婚の無業者のうち、普段ずっと一人でいるか、家族以外の人と2日連続で接していない人々を指します。社会との繋がりがあればスネップとは言えないのですが…軍師といわず、せめて時給800円のアルバイトでもやっていればいいのですが。今後定年が延びたりするとスネップの上限も65歳とかになるんでしょうかね?スネップ延長とかスネップ再任用…イヤすぐる(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ