松田聖子の歌で妄想する「秒速5センチメートル」(その2):水野理紗、秋の別離

20151211札幌イルミ

 こんばんは。昨日も滑って転びそうになって、なんとか踏みとどまったのですが、妙な力の入り具合になって首から肩にかけて筋を違えたみたいになったんですよ。そして夜、ベッドに入ったらこれがもう痛くて痛くて。寝て起きたら寝違えていたいというのは良くある話ですが、自覚しながら寝違えるというのは珍しい体験でした。

ゴッドハンド輝その1

 ほとんど眠れずに出勤して、片側ではなく両側が寝違えているという厳しい状態でろくに声も出せなかったんですが、藁をも縋るつもりでスマホで解消法を探したら、“寝違えた時に!「首の痛み」を速攻で治す方法”というサイトを発見しました。 そこには…

ゴッドハンド輝その2

☆ 寝違えたときの対処法として、患部を直接マッサージするのはNG
☆ 肩こりが原因だと思い込み、首~肩のマッサージを自分で行うのは専門家以外は危険
☆ 寝違えは、脇の内側を通る「腋窩(えきか)神経」が圧迫されて起こる現象で、腋窩神経は首を支える筋肉に繋がっているので、血行不良でしびれると首に痛みがでてきてしまう

ゴッドハンド輝その3

ということが書かれていました。そして直す方法としては週刊少年マガジンで連載されていた「ゴッドハンド輝」のストレッチが効くということでした。その方法は

ゴッドハンド輝その4

1.寝違えで首が痛む側の腕を少しずつ後ろに引き上げる
2.腕を引き上げて、自然に止まったところで20秒キープ
3.20秒経ったら腕を下ろして、同じことを2セット
4.痛む側の手のひらで真後ろのベルトの真ん中を軽くおさえる
5.そのまま肘を後ろに引いて20秒キープ。これを2セット
6.痛む側の手を肘角120°でバンザイする
7.その角度のまま腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。これを2セット
8.最後にバランスを取るために逆側の腕で、各運動を1セットずつ
で、寝違え以外にも、普段からの肩こりや首の痛みにも効果が期待できるそうです。

ゴッドハンド輝その5

 さっそくやってみましたが、マンガほど劇的には治らなかったけど(そもそも寝違えではなく起きている時の筋違えだし)、何度かやってたら午後からはだいぶましになりました。ありがたい!「ゴッドハンド輝」はサムネイル表示なので、興味のある方はぜひクリックして読んで下さい。寝違えた人は必見です。

松田聖子

 もう今日の記事はこれで終わりにしたいところですが、そうもいかないので妄想秒速行ってみましょう。本日の素材は松田聖子の「白い貝のブローチ」です。

Silhouette.jpg

 「白い貝のブローチ」はシングルカットされていないのでマイナーな曲だろうと思います。1981年5月21日リリースの3rdアルバム「Silhouette~シルエット~」に収録されています。2曲目ですね。

財津和夫

 「Silhouette~シルエット~」というアルバムは、80年代最大のアイドルにして日本屈指のポップスシンガーとなった松田聖子の、成功への重要なステップといっていい作品であろうと思います。なぜなら、それまで松田聖子の全楽曲の作詞を担当していた三浦徳子に加えて、松本隆と財津和夫が参加してきたからです(財津和夫は作曲も担当)。

松本隆

 特に松本隆は、1988年5月11日リリースの15thアルバム「Citron」までの間、松田聖子の楽曲の多くを担当し、「聖子ワールド」の確立に大きな役割を担いました。シングルでは1981年7月21日リリースの6thシングル「白いパラソル」から1984年11月1日リリースの19thシングル「ハートのイヤリング」まで、ずっと松本隆が作詞を担当しています。また1987年4月23日リリースの23rdシングル「Strawberry Time」、24th「Peal-White Eve」、25th「Marrakech~マラケッシュ~」も担当しています。

Citron.jpg
旅立ちはフリージア

 実は松本隆を離れ、26thシングル「旅立ちはフリージア」以降、松田聖子は自作詞で楽曲を制作していくのですが、私が夢中になって聴いていた松代聖子から心が離れていったのもその頃でした。なお売れてはいたんです。いたんですが、オリコン連続1位の記録は途絶えるし、個人的にはなによりも松田聖子の歌の歌詞に魅力を感じなくなってしまったんですね。それは松本隆のプロデュースを離れて自作詞及びセルフプロデュースへと突き進んでいった松田聖子の方向性は、私が求めていたものとは全然違っていたということなんでしょうね。

白いパラソル

 閑話休題、「白い貝のブローチ」は「白いパラソル」に先行して、初めて松田聖子と松本隆が組んだ作品です。しかも作曲は財津和夫。なぜそれがわかるかといえば、「Silhouette~シルエット~」には松本隆作品はこれ一曲しかありませんから。そのたった一曲がアルバム全体に大きな影響を与えていることは、アルバム名と同名の楽曲は収録されておらず、「白い貝のブローチ」の歌詞中に「シルエット」という語があることからも窺われます。そして次作4thアルバム「風立ちぬ」では全曲松本隆の作詞となっており、以降長期にわたってほとんどの楽曲の作詞を担当することとなるのです。

アルバム風立ちぬ

 話づらい言葉なら
 背中向けて話して
 無口すぎる夏が過ぎ
 心変わり知らせた
 少しだけサンセット
 離れるシルエット
 暮れなずむ愛は
 さよなら
 白い貝のブローチは
 似合わないわ秋風

松田聖子その2

 目立たなくて地味な娘を
 変えた人はあなたよ
 ハイビスカス髪にさし
 今日は逢いに来たのに
 泣き顔はサンセット
 突然シルエット
 何もかもこれで
 終わりね
 海の見える国道で
 逃げるように別れた

サンセット
 
 少しだけサンセット
 離れるシルエット
 銀色の時が
 哀しい
 白い貝のブローチを
 海に捨てて泣いたの……

シルエット

 もう出だしの「話づらい言葉なら 背中向けて話して」からして違うな~、流石松本隆だな~と唸ってしまいます。彼のような詞が書けたなら。「少しだけサンセット 離れるシルエット」の節も、夕陽を浴びる二人の影がいつもより離れている情景から心変わりを悟るという場面なんですが、この順番で言葉を並べられるところが才能なんだろうなあと思います。私だったら「夕陽を浴びる二人 シルエットは少し離れて」なんて書いちゃうんでしょうなあ、きっと。

豪華な白い貝のブローチ

 この楽曲を秒速と絡めるとすると、これはもう貴樹×水野さんしかないでしょう。交際する二人ですが、ちょっと倦怠期的なアンニュイな夏を過ぎて秋になったら、はっきりと貴樹の心変わりが分かってきたのですね。

水野地味子さん

 本編では果てしなく地味子だった水野さんですが、清家雪子のコミック版では地味ながらもそれなりに女性らしさを出していました。もしかすると水野理紗を女性としていろんな意味で開花させたのが貴樹だったのかも知れません。ハイビスカスを髪にさすなんて、地味子にしては冒険したんでしょうね。しかし……貴樹にとってはもしかしたらと思った水野理紗も「明里のかけら」ではなかったのでした。
 
コミック版の水野理紗その2コミック版の水野理紗

 「海の見える国道で 逃げるように別れた」……切ない。実に切ないですね。もうすがりついても無駄だということをはっきり理解してしまったんでしょうね。水野さんは馬鹿な娘じゃないから。海に捨てた「白い貝のブローチ」はきっと貴樹からの贈り物だったんでしょうね。

心離れる頃

 それでは聴いてみて下さい。実はあまりいいのがなくてですね…。“れもんえみ”という人がベースを当てているものです。ベースの音が大きいですが、ベースだけにさほど邪魔ではないかと。松田聖子の歌声ははっきり聞けます。



 中国の動画サイト「youku」なのであまり紹介したくはないのですが…。一枚絵ですがフルバージョン。

ハイビスカス髪に差し…

www.zhuatieba.com/video/XNTEzMjkyMzA4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まだ仕事が・・・(涙)

今晩は。記事感想では無い書き込み失礼します。
更新が止まっているという事は、もう内地に帰省中で
しょうか。
6月末に引越した私の職場は、ビルの北側に面している為、
この時期晴れると、ユースフ様ゆかりの筑波嶺、そして明里の
実家がある栃木南部の山々がよく見えます。
少し高い所に登れば一目で見える距離ですが・・・
この距離が遠かったんだね、貴樹君よ・・・
今年は良い事あったかな?・・・なんて妄想しながら今年を
終えそうです。明日午前も仕事ですが、そのまま帰省します。

今年も楽しい記事をありがとうございました。よいお年を
お迎え下さい。

Re: まだ仕事が・・・(涙)

 satoruさんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 
> 今晩は。記事感想では無い書き込み失礼します。
> 更新が止まっているという事は、もう内地に帰省中で
> しょうか。

 はい、帰省しており返事が遅くなり失礼しました。

> 6月末に引越した私の職場は、ビルの北側に面している為、
> この時期晴れると、ユースフ様ゆかりの筑波嶺、そして明里の
> 実家がある栃木南部の山々がよく見えます。
> 少し高い所に登れば一目で見える距離ですが・・・
> この距離が遠かったんだね、貴樹君よ・・・

 まだ埼京線もない時代でしたからね。中一には結構な冒険だったんじゃないでしょうか。中学生の頃に鬼の哭く街・A立区中部に住んでいた私は、友人達と秋葉原まで自転車で行ったりしたのですが、当時の気分はシルクロードを行く隊商そのものでした。

> 今年は良い事あったかな?・・・なんて妄想しながら今年を
> 終えそうです。明日午前も仕事ですが、そのまま帰省します。

 コミック版だと花苗とくっつく予感なんですが、どうでしょうかね?呪縛が解けたなら水野さんとやり直すというのも(水野さんが嫌でなければ)ありなんじゃなかろうかと思うのですが、本編の水野さんはあまりに地味子なんですよね。せめてコミック版くらいの女っぷりを見せてくれれば…
 
> 今年も楽しい記事をありがとうございました。よいお年を
> お迎え下さい。

 旧年中はお世話になりました。2016年も宜しくお願いします。
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ