スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年秋季アニメ終盤に向けての感想(その3):ハッカドール、ごちうさ

20151203イルミ

 最高気温11度ど秋のような気温の札幌は一日雨模様。雪よ溶けろ溶けろ。でもまた明日からは気温が下がって雪模様なんですが。冬将軍よ、どうか下旬頃までは根雪は待ってくれんかね。

ハッカドール

 さて秋季アニメの感想最終回です。まずは「ハッカドール」。9話まで見ました。全く期待せずに見たせいもあって、その面白さにはびっくりぽんやわ!

びっくりぽんや

 原作はマンガでもゲームでもなく、なんとスマホ用のニュースアプリ。オタク向けのニュースを収集する、キュレーションアプリで、「君にシンクロするニュースアプリ」を標榜しています。名前の由来は「情報収集が『はかどる』」ことからで、捗る→ハカドル→ハッカドール。

1号から3号

 アニメでは“2XXX年、過度な情報社会において情報に溺れる人間を必要な情報に導くために創造された、マテリアルボディを有した自立思考型ナビゲータープログラム”という設定になっています。主人公のハッカドール1号・2号・3号は、前期型・中期型が世界各地で貢献している中で登場した後期型ということになっています。通常は発展改良型になっていると期待されるのですが…

0号

 なんと後期型はコピーによる劣化の末にダメダメでポンコツになっているという設定になっています。アニメではオリジナルキャラとして、上司的な立場のハッカドール0号と、ハッカドールの集大成と期待されながら、その実ポンコツの集大成になってしまったハッカドール4号も登場しており、ハッカドールを利用する人々が毎回ゲストとして登場しています。

4号

 10分アニメで正味は8分もないのですが、まとまりは非常に良く、パロディギャグをこれでもかとぶち込んでいます。これだけアニメ作品が乱立する状況では、良作を作るには正直10分尺が限界なんではないかとさえ思えてきます。

働く1号

 第7話「KUROBAKO」は言わずと知れた「SHIROBAKO」のパロディですが、アニメ業界の内幕を生々しく描いた問題作でした。

モバミちゃん最高

 アニメ好きなハッカドール1号は大好きな「モバミちゃん」の制作を手伝うことになって、喜び勇んで出かけます。

がっこうぐらし!の「彼ら」みたいな現場
 
 しかし、そこは1号が思っていたのとは全然違う世界でした。どこででも寝れる屈強(?)な男達はさながら「がっこうぐらし!」の“彼ら”みたいです。そういえば「がっこうぐらし!」でも「スタジオぐらし!」「会社ぐらし!」の濃いギャグがさりげなくぶち込まれていましたっけ。

スタジオぐらしと会社ぐらし

 1号の仕事は制作進行。やばい雰囲気の上司・浦上が言うには、「制作ってのは、原画、動画、撮影、編集などのアニメ制作現場全体を回すクソな仕事だ」そうです。

浦上登場

 バリバリ働く1号。こんなに真面目な1号は初めて見るぞ(笑)。しかしいくら頑張ってもなかなか上手くいきません。

変わり果てた1号
もういやだぁあああ!!

 疲労とストレスによりたちまち1号はこんな顔に。実は4号も制作進行をしていましたが、ギスギスした職場の雰囲気に耐えかねて逃走。そのしわ寄せはさらに1号に。脳天気すぐる1号はあんまり好きではなかったのですが、今回は同情します。

アフレコ行くぞ

 アフレコに行くと聞いて元気になった1号。声優さんに会える!

地獄の制作進行コンビ

 …喜びも束の間、挨拶も出来ませんでした。「なんか、同じもの作ってる感じしなかったですね…」と呟く1号に「住んでる世界が違うんだよ」とクールな浦上。「それが声優!」では華やかに見えて実は過酷な声優業界が描かれていましたが、さらなる地獄がここにあった。

目が死んで1号ちゃん

 ボロボロになった1号。なおも仕事は続けているところは偉いですが…目が死んでます。 

慰問に来た2号と3号
髪を洗ってきた1号ちゃん

 2号と3号が慰問にやってきました。慌てて消え去る1号ちゃん(もう可哀想で「ちゃん」ぐらい付けてやらんと見てられません)。給湯室で髪を洗ってきたそうです。1週間風呂にも入っていないそうです。仲間同士でもそういうところを気にするということは、極限状態でも「女の子」は捨ててなかったということか。しかし刑務所以下の環境ですな。

心が壊れそうな1号ちゃん

 2号の優しい言葉に胸に飛び込んで泣く1号ちゃん。「なんか想像とちがいました……皆ギスギスしてるし、不条理だし……もう帰りたいです!!」そこで2号と3号も手伝うことになりましたが。

トップをねらえパロディ
バスターマシン3号…健在

 ここで突如「トップをねらえ!」最終話のパロディに。宇宙怪獣との死闘並みの戦いなんですね。皆顔変わっちゃったし。

ようやく完成

 ようやく完成。作画崩壊していたような気もしますが、監督は「ま、こんなもんだろ」と。しかしもう大阪の放送局に届けるのは無理な時間でした。コンクール3回目の総集編とか(笑)。まだ7話なのにやばすぎでしょうが。

奇跡は起きます!
奇跡は起きます!起こして見せます!!!!

 しかし、奇跡は起きます!起こしてみせます!とタカヤノリコ化した1号ちゃん。まだ戦うというのかハッカドール!

ハッカドールなら行けます!

 「ハッカドールなら行けます!3人で行きます!!」なんと力を合わせてワープでお届け。さすがはAI!オレ達にできないことを(ry。

納品してきました
シュトロハイム

 納品してきました!!と「我がドイツの医学薬学は世界一ィィィ!」なシュトロハイムばりの敬礼を見せるハッカドール。本作初の任務完了ではなかろうか。

自由への逃走

 しかし「次の話数もよろしくな」と軽く言われて精神崩壊。ヤバイ笑い方で走り去っていきます。

アニメは家で見るのが一番

 やっぱりアニメは、家で見るのが1番ですね~!!と満面の笑顔の1号ちゃん。なんかアニメ業界の闇を垣間見たような気がします。神回ではなかろうか。

1号ちゃんコメント

 中の人のコメント。まずは今回の主役・1号ちゃん役の高木美佑。

2号ちゃんコメント
 
 続いて私のお気に入りの2号役の奥野香耶。

3号ちゃんコメント

 そして今回一言しかセリフがなかった3号役の山下七海。

4号ちゃんコメント

 最後に敵前逃亡した4号役の上田麗奈。

アプリのハッカドール

 10分アニメなので一気見も楽ですから、もし興味が出たらこれからでもぜひ見てみて下さい。

ご注文はうさぎですか??

 さあ大トリは「ご注文はうさぎですか??」。「ハッカドール」は今季最高のアニメと認定しておりますが、「ごちうさ」は別格です。私の心の癒やしなので、他と比較にはなりません。「ごちうさ」があるから生きていけます。8話まで視聴。もうすぐ終わってしまうかと思うとそれだけで鬱になりそう。

青ブルマさん

 今回は第2期で第1期「ご注文はうさぎですか?」直後から続いている話なのでもはや内容に解説は要りません。皆仲良くなっているので青山ブルーマウンテンも最初から登場。

チマメ隊

 内容はないよう!いや、内容なんて何でも良いという訳ではなく、もはやあるがままをそのまま受け入れるだけという心境にある訳ですが…可愛い女の子を見ているだけでこんなにも心が癒やされるものなのか。

モカ登場

 今回は6~7話でココアの姉・モカが登場。CV茅野愛衣というのは最初から世界に溶け込むのが「約束された勝利の剣」なキャスティングですな。きっと「がっこうぐらし!」で悲惨な最期を遂げためぐねえが転生した姿なんだよ。この世界では思う存分楽しく暮らしてね。

ココアとモカ

 そして判明したことは、何かとおねえさんぶるココアは、実は圧倒的姉オーラを持つモカの真似をしていたのに過ぎないという事実。パン作りのテクや、国際弁護士へに憧れなど、ココアのアイディンティティの多くはモカ由来だったんですね。

メグママン

 その他、メグのママンとかリゼのパパンも登場してきました。今回は「家族が増えるよ!やったねチノちゃん!」的展開というべきか(おいやめろ)。娘の苦境を救うためにも一番登場してくるべきシャロの両親が登場しないのはなぜか。出せぬ理由(ワケ)でもあるんでしょうかね? 

リゼパパン

 第1期OP「Daydream café」はアニメ史上に残る傑作だと思いますが、さすがは「ごちうさ」、第2期OP「ノーポイッ!」も負けず劣らずの傑作です。作詞作曲歌唱が全て同一とはいえ、2連続で新曲を紡ぎ出してくるとは。いずれ別途しっかり紹介します。

チノパパン

 さらに今期はED「ときめきポポロン♪」も実にあざといほどに凶悪に可愛くて。私はロリコンではありませんが、ノンケをもロリコンにしてしまう破壊力がこの歌と動画にはあります。「チマメ隊」に開眼しちゃいそうです。

ナースのリゼ、千夜、ココア

 ところで、悪人がおらず幸せに満ち満ちた「ごちうさ」世界ではありますが、時間だけはちゃんと流れているらしく、ココア・千夜・シャロは高校二年生に、リゼは高校三年生に、チマメ隊は中学三年生に進級しました。ということは、どんなに楽しくてもいつかは終わる時が来るということで…リゼ卒業(学校もラビットハウスも)とかチマメ隊解散なんかもいずれもは来るんですね。諸行無常とはいえ悲しいことです。せめて「ごちうさ」世界だけは涅槃のように永遠の幸福に満ちた世界であって欲しかったのですが。

クリスマスプチラビッツ

 とはいえ、「サザエさん」的世界になっても中の人は年を取っていくわけだし…時を止めず、いずれ終わる世界というのはむしろ救いなのでしょうか。

petitrabbits.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 トップをねらえ!もう30年近く前、HTBの深夜OVAアニメ枠で見たときに衝撃を受けた作品です。ラストシーンのモノクロからカラーになるところ、オカエリナサイで鳥肌が立ちました。
 もしよろしければ、この作品についても語っていただけるとうれしいのですが…。

Re: No title

 HALさんこんばんは、いらっしゃい。いつもありがとうございます。

>  トップをねらえ!もう30年近く前、HTBの深夜OVAアニメ枠で見たときに衝撃を受けた作品です。ラストシーンのモノクロからカラーになるところ、オカエリナサイで鳥肌が立ちました。

 最初は「エースをねらえ!」のパロディそのものでしたが、回を追う毎にシリアスタッチになっていきました。ガイナックス初期の傑作だと思います。

>  もしよろしければ、この作品についても語っていただけるとうれしいのですが…。

 とりあえず“なつアニソン”のカテでOPの「アクティブ・ハート」とかEDの「トライ Again…!」は紹介していこうとはかねて思っていました。主人公がタカヤノリコでCVが日高のり子、そして歌が酒井法子とトリプル・ノリコでした。ノリピーはあんな事をしでかしたせいで非常に取り上げにくいのですが、作品には罪がないということで。

 本編レビューについてはやり方をちょっと考えさせて下さい。熱い作品のレビューはこっちも結構熱量が必要になるもので。一話ごとやるべきか、全体ついてさらっと触れるべきか…
プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。