2015年秋季アニメ序盤の感想(その1):終物語、ワンパンマン、北斗の拳イチゴ味 

秋の中島公園
 
 こんばんは。初雪も降ってすっかり冬襲来にビビリまくりの札幌ですが、今週はこれから天気が悪いみたいです。金曜(30日)土曜(31日)にはまたも雪予報が。10月の雪はもう勘弁して。冬支度を急げという天の声なんでしょうかね。

老倉育

 さて2015年秋季アニメもそろそろ序盤を終えつつあるようなので、これから3回に亘って視聴している秋季アニメ序盤の感想など綴っていきたいと思います。とりあえず放映曜日順に日曜日から。

愚か者暦

 まずは終物語。第4話まで視聴。第1話は1時間スペシャルだったので実質5話分放映していることになります。西尾維新の人気シリーズである〈物語〉シリーズのファイナルシーズンです。既にファーストシーズンとセカンドシーズンはアニメ化され(劇場版がなかなか完成しない「傷物語」を除く)ており、いよいよラストスパートというところなんですが、時系列的には巻き戻されていますね。

ひたぎと翼

 つまり〈物語〉シリーズは、驚くべき事におよそ1年間強(主人公の阿良々木暦の高校2年生の春休みから、大学生になった4月まで)のエピソードなんですが、セカンドシーズンの「花物語」で大学生になった4月のエピソードが語られています。

シャイシャイシャイシャイ

 「終物語」は暦の高校3年生の10月下旬の数日間の出来事を描いています。作者の思惑以上にシリーズがヒットしたのでボリュームアップしたようです。さらにはオフシーズンとかネクストシーズンなんてのも執筆するらしいので、果たしていつ終わるのやら。ファンの前でならオレはいつでも全盛期だ!! という猪狩寛至スタイルだったりして。

JC育

 物語は今のところ高校1年生の頃の同級生老倉育(おいくら そだち)を軸にして展開しているようです。実は彼女とは中学生時代に知り合っており、いやそれよりも以前から知り合っていたらしいのですが、すっかりそんなことを忘れていた暦。

JK育

 そもそも暦が数学が得意だとか、高校1年生からぼっちだったとかいうのは完全に「後づけ」設定な気もしますが、まあそれはいいでしょう。新キャラ老倉育というのもまた素っ頓狂な名前ですが、本作(というか西尾作品が全般的にそうですが)は珍名奇名の嵐なので今さら突っ込んでも仕方ないでしょう。

ギバ~~ッ

 正直〈物語〉シリーズというのはラム肉に似ている気がします。最初はとっても美味しいのですが、ある時点で突如その臭みが鼻につくというか。もう何回もアニメ化しているせいか、私もどうやらシリーズの臭みに嫌気が差しつつあるようです。「嫌なら見るな」という話なんですが、見たくないほどにはまだ嫌いではないし、見ないと感想も述べられないので、多分今回は継続します。

モンティホール問題の図

 面白かったのはモンティ・ホール問題を取り上げていたことで、これは「プレーヤーの前に閉まった3つのドアがあって、1つのドアが当たり(例えば景品の自動車)、残る2つのドアはハズレ(ヤギがハズレの象徴)となっています。プレーヤーが1つのドアを選択した後、司会者(モンティ)が残りのドアのうちハズレのドアを開いて見せ、プレーヤーに対し、最初に選んだドアを、残っているドアに変更してもいいと言います。さあプレーヤーはドアを変更すべきか否か?」というものです。

モンティ・ホール問題

 中坊だった暦は、老倉育の出題に対し、よくわからないままに正解していますが、一種の心理トリックになっており、「直感で正しいと思える解答と、論理的に正しい解答が異なる問題」の適例とされています。残るドアのどちらかが当たりなので、確率は二分の一であり、変更してもしなくても同じだと思いがちですが…

モンティ・ホール問題の答え

 正解は「ドアを変更する」なのです。ドアを変更した場合、当たりの確率は三分の一から三分の二に、つまり2倍になるのです。ドアを変えない場合、当たる確率は三分の一ですが、ドアを変える=ハズレも含めて残り2枚のドアを同時に選ぶのと同じで、当たる確率は三分の二になります。

三分の二の確率

 これは例えばドアを100枚に増やしてみれば判りやすくなると思います。つまり100枚のドアの中に当たりは1枚だけ。最初に選んだドアと、残り99枚のドアからハズレ98枚を開いた後の最後の1枚のドアと、当たりはどちらにあるでしょうか?もちろん最初のドアが当たりの可能性はない訳ではありませんが、確率はたったの百分の一、つまり1%です。一方残りのドアの確率は?百分の九十九、つまり99%となります。これは1枚のドアを選ぶか、残り99枚のドアを選ぶかという選択であるわけで、当然ながら大半はハズレであるにしても、後者が圧倒的に有利なのは明らかだと思います。つまり最初の3枚のドアの話では、1枚のドアを選ぶか、(確実にハズレ1枚を含む)2枚のドアを選ぶかの選択であり、100枚のドアほどではありまえんが、2枚選んだ方が確率的に有利である訳です。

100枚の場合

 この問題については多くの人が「どちらを選んでも変わらない」と考えたので、答えを間違ったとしても恥じる必要はありませんが、司会者が答えを知っていて、必ずハズレのドアを開いてみせるというところがミソで、もし司会者も答えを知らずに当たりを選んでしまう場合があるという場合は問題の前提が変わってしまい、この場合は確率は五分五分になり、どちらを選んでも同じということになります。

忍野扇

 暦が直感で正解を出したとすると、知能指数が高いのか、あるいは感性が人とは異なるのかも知れません。いずれにせよ物語のキーパーソンである忍野扇(CV水橋かおりはいいとして、彼女を可愛いと思う暦の美意識こそが怪異だ)の正体とか、新房監督が原作を読んだ時に「老倉役は井上麻里奈しかいない」と考え、オーディションなし唯一指名したという井上麻里奈の演技に期待しましょう。人気声優ですが、私の視聴作品と出演作品の相性が悪くてねえ…

井上麻里奈

 次はワンパンマン。タイトルからして「それいけ!アンパンマン」のパクリパロディなんですが、これは面白い!第4話まで見ました。

ワンパン

 怪人とヒーロー達が跳梁跋扈する世界(なんか怪盗と探偵が入り乱れるミルキィホームズの世界みたい)、就職活動に行き詰ったサイタマは、暴れていた怪人と遭遇したことで「ヒーローになりたい」という幼い頃の夢を思い出し、就活を辞めてヒーローになることを決意します。

ワンパンマンの勇姿?

 3年間のたゆまぬトレーニング(毎日腕立て伏せ、スクワット、上体起こし各100回、ランニング10㎞、精神を鍛えるため夏冬問わずエアコンの使用厳禁という傍から見れば普通の内容)の末、どんな敵でも一撃(ワンパン)で倒せるようになりましたが、なぜかその代償として頭髪を全て失ってしまいます。しかもあらゆる敵にワンパンで勝ってしまうことから、戦いに対する熱意や緊張感を失い、無気力な日々を送っています。

ジェノス

 そんな中、サイタマは「進化の家」の怪人と交戦するサイボーグ・ジェノスを助けます。ジェノスはサイタマの強さに魅了され、「進化の家」もサイタマをサンプルとして捕獲しようとします。しかしを目論む。しかし捕獲のために送り込んだ怪人達はサイタマとジェノスによって全滅し、「進化の家」は切り札の最強戦士・阿修羅カブトを解き放ちますが、やはりワンパンチで倒されてしまいました。

モスキート娘

 その後、テロリスト集団・桃源団鎮圧に向かったサイタマは、忍者の「音速のソニック」から、自分の知名度の無さに気付きます。なんとヒーロー協会に所属するプロヒーローでないとヒーローと認定されないのだそうです。サイタマはヒーロー協会に所属するべく、ジェノスと共に認定試験を受けに行きます…というところで第4話終了。 

ワクチンマン
 
 作画が迫力あるので怪人は強そうなんですよね。環境汚染を繰り返す人間とその文明を滅ぼすため、冒頭登場した地球の意思によって誕生した怪人ワクチンマン(バイキンマンに似ている。しかもCV中尾隆聖!)とか「進化の家」のモスキート娘(CV沢城みゆき)や獣王、阿修羅カブトなんかは実に強いのですが、どいつもこいつもつまらなそうにワンパンで倒してしまうサイタマ。

阿修羅カブト

 サイタマもシリアスな顔をすると結構カッコイイのですが、いつもは腑抜けた表情で、しかもそのまま圧勝してしまうという相手に取っては不条理極まりない存在です。しかも普通の筋トレで無敵になっているし。そもそも最初から世界最強の資質があったんでしょう。でないと愚地独歩とか烈海王が泣くぞ(笑)。

シリアスサイタマ

 第一話に出てきた地底人は、サイタマすら流血させる強さで、サイタマも全力で戦えることに歓喜していましたが、実は夢オチで、実際に登場した本物の地底人は滅茶苦茶弱かったという。いっそ刃牙みたいに自分自身を相手にイメージバトルでもしたらどうでしょうか。

無免ライダー

 今後、ヒーロー協会に属したら色んなヒーローが登場してくると思いますが、はやみん演じる地獄のフブキに期待してます。その姉の戦慄のタツマキは悠木碧が演じるということで、「あおい・さおりの新番組」コンビが姉妹役なんですね。C級ヒーロー無免ライダーには笑いましたが。CV中村悠一って…司馬達也として登場すればS級ヒーローにもなれようものを。

地獄のフブキ

 最後は北斗の拳イチゴ味。「北斗の拳」に登場する“南斗六聖拳”最強の「将星」にして、自らを「聖帝」と僭称するサウザーを主役にしたパロディです。サウザーのCVは原作アニメ同様銀河万丈。これは熱い!第3話まで見ました。

イチゴ味

 しかーし、実は同じくパロディアニメ「DD北斗の拳」の枠内で放映されており、正味約2分しかないのです(涙)。そんなのってないよ…あんまりだよ…まどかも泣いちゃいます。

そんなのってないよ あんまりだよ

 せっかくだから「DD北斗の拳」も一緒に見ようかと思いましたが…数分で諦めました。ギバーップです。これからもイチゴ味をみるためにすっ飛ばします。

シュウ対サウザー

 「DD北斗の拳」はキャラクターをデフォルメしているのに対し、「イチゴ味」は原哲夫の画風に似せて描かれているので、サウザー以下原作の風貌と設定そのままながらも、ギャグを連発していくというギャップが面白いんですよね。

南斗 DE 5 MEN

 第3話でモブ子さんの声で出演していましたが、今後ユリア役で皆口裕子が出てくるのも非常に嬉しいです。久しく聞くことなかったその甘い声でなら、罵倒さえもが甘美です。

イチゴ味 LINEスタンプ

 30分尺、せめて10分くらい何とかならなかったのかとも思いますが…仕方ないので二期に期待(早い)。なんとなれば原作者行徒妹の姉の行徒(ややこしいな)の出落ち外伝「Haert of Meet ~あの日の約束~」とかもやっちゃいなYO!「南斗 of Meet」もあるじゃないKA!

南斗 of Meet

 それにしても有名なハート様、北斗神拳をも無効化する「拳法殺し」の異名を持ち、いかなるものも貫通する南斗聖拳の使い手であるシンのみが倒しうるという話でした。

ハート様

 最初期のキャラだから仕方がないとは言え、後になって考えてみれば、南斗六聖拳(ユリアを除く)、南砺五車星なら難なくハート様を切り刻めるほか、ラオウやトキも絶対倒せると思います。ついでに言えば闘気を刃として敵を攻撃する元斗皇拳も瞬殺するでしょう。さらに言えばアミバ様(天才だから南斗聖拳も身につけている)やジャギ兄さん(いざとなればショットガン使用)でも勝てると思います。なんだ大したことないなアルフレッド。サラ姉さんが草葉の陰で泣いてるぞ。

若き日のハート様と姉のサラ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユースフ

Author:ユースフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた

心理兵器:秒速5センチメートル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ